appleJam FunkyBluesWoman

ご注文方法
 / top page   このページは税抜表示です。
 
下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

BluesWomenClub 2015年度対象会員様限定盤
コアファンが居る実力派ですが入手困難故に今回も会員様だけの限定配布という形になりました
Barbara Blue Memphis Blue Sweet,Strong, & Tight CD \4,200
(税抜) VERY LIMITED
2004年盤 "Memphis 3rd & Beale" の衝撃から思えばもう11年。当時、遡って仕入れた2000年盤と01年盤にもぶっ飛ばされましたけど、ここで聴けるバーバラはもの凄く落ち着いた感じで音作りも柔らかいのが特徴です。#2.No Time to Cryでも感じる軽く力が抜けた感は何らかの心境の変化が彼女にあったのか。#9.Sweet,Strong, & Tightといったホーン入りの豪快なナンバーでも実に抑制の効いた一種巡航速度による安定走行の趣が。今作での個人的なホットスポットはミディアムでややメランコリーなタッチをした#10. I'm Gonna Tear Your Playhouse Down、ツボにハマるリズムギターとオルガンのバッキングも渋ければ、ほどほどのパワーで歌うバーバラも共にもうた・ま・ら・んの世界です。さりげなくファンキーなホーンも流石メンフィスならではと感じる瞬間。
2014 USA Big Blue Records  bb's Recommendation2015
★★★★☆

BluesWomenClub
既発作と新録をブレンドすることで見事に一貫しているメンフィス・クイーン、バーバラの20年間を再確認
Barbara Blue Jus' Blue CD (Out of Stock)

バーバラの新譜が出ている、との一報をお客様から頂き急ぎ導入しました。気に入った人は追いかける店なのですが時には指摘を受けるまで気がついていないこともあります。今回、メンフィス・ライヴの第三弾と、その次に出たアルバムもこの新作と併せて遅ればせながらの導入となりました。〜〜ブレずにひたすら自分の音楽にひた走っている事に小気味よさを感じます〜〜とは、その一報を下さったお客様の弁ですが、その感触がまさに本作で初めてバーバラを知る人にも一発で通じるかと思います。というのも、今回新録トラックと併せて1994年から2010年までの四つのセットによる旧音源とで全74分超のゴージャスな企画編集盤になっているからです。一枚のCDに籠められた20年間ほどのスパンを全く感じさせない、気付かせない仕上がりはさすがバーバラの真骨頂、全曲が素晴らしいですが特に#4.Road Blues と #11.Daddy's Love に彼女のその20年間が集約されているように感じます。#4.は特にシスタ・モニカと似ているなぁと感じる瞬間です。二人が共演したら見物ですよね♪蛇足ながら、メンフィス産なのに何故か西海岸の香りがする点も一貫しています。
2012 USA Big Blue Records  bb's Recommendation2013
★★★★☆

カスタマーレビュー
改めて、Barbara Blue の力を感じました。どのアルバムも、聴くたびに新鮮さを感じますけど Singerとしての「チ・カ・ラ」を見せつけられますね!まあ、単なるファンなんですけど(*゜▽゜*)日本来ないかなぁ〜(^O^)
国分寺市 田村司様

BluesWomenClub
デビュー作に続き"〜Blue"シリーズの二作目になるアルバム、そういえば彼女のレーベル名もBig Blue なのダ
Barbara Blue Royal Blue CD (Out of Stock)

もう25年近くも前のことなのでその光景が単に夢っぽかったり映画の中のワンシーンと重なってしまいそうになるのですが、その日確かに私はかつて1968年4月4日にマーチン・ルーサー・キング牧師が暗殺されたモーテルのベランダを臨む現場に立っていました。何故かは判らないのですがその日もモーテルの前庭には2、3人の制服警官がたむろしていましたが、現場風景の写真を撮っている私には特に興味を示さずその日はそこにずっと居るのが彼らの仕事のようでした。その後、 75セントで買った750ccの缶ビールを片手に(当時はなんて物価が安かったんだ)真夏のメンフィスの名前も知らない通りを歩いているとき、窓全開の大型セダンがそっと寄ってきてキミは観光客?とドライバーのおじちゃんが尋ねる、そうだというと窓から手を伸ばして大きく振りながら笑顔で去って行った。あれは何だったんだろう。その付近でカメラをぶら下げて歩いている東洋人が珍しかったのか、とにかく何者かを確かめたかったのか。というかすれ違う車の何台かがやはり笑顔で手を振っていってくれる。きっと歓迎の印なんだ。そんなことはともかく、ウィリー・ミッチェルっぽいサウンドの#1.Beware なんか聴いていると、そのときの音もなく近寄ってきてそしてクールに去って行ったその大型セダンの後ろ姿がヤケに思い出されるのだ。シカゴ・ブルースもそうだけどもろメンフィスのこの手のサウンドも実に当時のアメ車のイメージによく似合う。エレピとホーンセクションの展開がどことなくシスコ・サウンドっぽい#4.Back for a Taste of Your Love は昔だったらジャニス・ジョプリンやコールドブラッドのリディア・ペンスが歌いそうな曲で個人的にドンピシャでフィットする曲。最もバーバラらしいと感じたのが#6.Heartbreak Hotel でやはりこういう馬力のある曲が自然と似合っている気がします。
2010 USA Big Blue Records
★★★★

注)上記の試聴音をメディアプレーヤー等で聴くとき、窓に違うアーティスト名の異なる曲名が表示されると思いますが、流れている音それ自体はいずれも間違いなくこのバーバラ・ブルーのそのタイトル名の曲です。CDのようなデジタル・メディアにはときとして間違ったデータが表示されることがあるので焦りますよね。


※以下はいずれも1990年夏にメンフィスで撮った写真です。。WDIAの外観越しに仰ぎ見る街の空がまさしくメンフィス!という強い印象を残してくれました。

マーチン・ルーサー・キング牧師が暗殺されたモーテルの現場を見に行った時のショット。実はワシントン大行進で知られるキング牧師のあの有名な演説(私には夢がある〜〜)が行われた日 1963年8月28日 が自分の(10才の時の)誕生日と同じなので毎年キング牧師のこと、公民権運動のことを繰り返し思い出す運命なのです。


スタックス閉鎖後に元のスタッフが新たに設立したアーデント・スタジオ。訪問時、歓迎を受けてミキシング・コンソールに座らせてくれたときのショット。


まだ下積みだった頃のB.B.King がDJもやっていたラジオ局 WDIA。どのブースを覗いても大歓迎状態でした。空いてたブースに入れて貰って実際に機器を間近に眺めることも出来た。

BluesWomenClub
バーバラのメンフィス・ライヴのこれがシリーズ第3弾
Barbara Blue Live Vol.3 CD (Out of Stock)
リアルタイムの2008年当時はシリーズ三部作のこのVol.3だけが仕入れられずに断念してしまったのですが、2013年の夏ようやく追いかけ導入することが出来ました。キャンディ・ステイトンもカバーしていた#4.Joleneは元はドリー・パートンでヒットしたカントリー・チューンですがピアノをバックに歌うバーバラにも実によく似合う曲。加えて、多くの人にジョー・コッカーやリオン・ラッセルの歌で知られる#10.the Letter もここではまるでバーバラの持ち歌のように聞こえる瞬間です。大抵は10年間というスパンを持ちこたえられない小規模な独立系レーベルを自身の歌だけで引っ張り続けているバーバラとその仲間達のこのエネルギーは、やはりブルースと同じくらいメンフィスの街も愛している、そんな根源的なパワーを内包しているからだとつくづく感じます。彼女がまたライヴやるよ、というと何を置いても集まってくる仲間達、CDを出せば確実に買っていつも熱心に聞いてくれる、そういう世界というか時空間の軸になっているアーティストは色んな意味で砂漠の中のオアシスのような存在なのだと思います。例えが飛躍しますけどキャロル・キングの歌なんかもまさにそんな感じですよね。バーバラはリオンが好きなんだと確信する#13.A Song for You はこの日のハイライトであったこと間違い無し。
2008 USA Big Blue Records
★★★★☆

カスタマーレビュー
早速Barbara Blue LIVE V聴きました。なんでしょうねえ?どの曲も「あ!Barbara Blue がオリジナルなんだ!」とまで思わせてしまう歌力(歌唱力じゃない)!!凄いですねえ!私は常々歌詞が英語でも内容が伝わる歌い手が本当の歌手ではないかと思っているのですが、まさにBarbara Blueはそういう歌い手ですね。「ROSE」歌ってくれないかな?リクエストしたいです(^O^)
国分寺市 田村司様

本格派のブルース・ウーマン@メンフィス・ライヴ・シリーズ第2弾
Barbara Blue Live Vol.2 (Out of Stock)
前作、入魂のライヴ盤シリーズのVol.1でまざまざと私たちに見せつけてくれたバーバラの本格派としての実力。2007年にはシェメキア・コープランドやマーシャ・ボール等と並んでBMA(Blues Music Award)での賞取りにノミネイトされた実績は彼女の財産のひとつだと思います。でも私はそういったタイトル(賞)の候補者だったとか保持者であるということ以前に今この瞬間が輝いているかないかを重視していますが、その意味でもバーバラは文句なし今が旬!といえる輝きを放っています。ギグで鍛えた人らしくライヴでそのまま素顔が出ている感が総ナイスです。
2008 USA Big Blue Records
★★★★

重厚さみなぎるヘヴィー級のウーマン・ブルース、@メンフィス・ライヴ・シリーズ第1弾
Barbara Blue Live Vol.1 CD \4,200(税抜)
初導入の2004年盤でインディーズ・ブルース好きのお客様を圧倒したバーバラ・ブルー、今回Vol.3までの3枚を連作で出すと決めたライヴ盤シリーズのこちらがその第一弾。聴いた瞬間 Vol.10まで続いてくれと願いたくなる出来映えで、歌はもとよりバンドの迫力も満点。収録は07年晩秋ビールストリートのクラブにて。パーカッシヴなピアノの活躍でこれがドラムレスのバンドであること気が付かないくらい。ハウンドドッグに続くココの愛唱歌ワン・ダン・ドゥードゥルは、うっかりすると実は生きていて熟年に達したジャニス・ジョップリンが突然出現したかのような錯覚に陥ります。ほんとにパワフルなシンガーだとつくづく感じます。
2008 USA Big Blue Records
★★★★
(収納棚CD14)

分厚いホーンセクションにもシビれるハードなロッキンR&B
Barbara Blue Love Money Can't Buy  (Out of Stock)
同じブルースロックでもバーバラの場合、それはとびっきりソウルフルなのが大いなる特徴です。同時にまたディープなグルーヴ感もあってまさに天下無敵のブルース・ウーマン。ソウルフルなんだけどリズムが実にソリッドで、酒で言えば決してバーボンでもカクテルでもなくてもっと喉越し強烈なジントニックの世界か。そんな硬派で一種体育会系のブルーズン・ソウルが絵になる女性です。69年頃のコールド・ブラッドを思い出す#8.I Play Dirtyは特に個人的な大ヒットチューン、このハジケぶりは実際当時のジャニスやリディア・ペンスを彷彿とします。足場はメンフィスでもテイスト的にはサンフランシスコ周辺の湾岸ブルース。
2006 USA Big Blue Records
★★★★☆

文句無しの実力派、パワーもドライヴ感も共に満点です
Barbara Blue Memphis 3rd & Beale (Out of Stock)
何なんだ、みなぎる自信とこの説得力は!と思ったのがこのアルバムを聴いたときの真っ先の印象でした。過去にも2枚作品がある、どうやらピッツバーグのブルース・シンガーのようですがクラブサーキットでも相当の年期があることは間違いなさそうです。抜群に上手いバーバラの歌と結構まとまってるバンド、全てが完璧にA級の手応えです。ストレートなもろブルース・ロック・チューンからソウルバラードまで一切の手抜き無し、直球でぶつかってくるシンガー。
2004 USA Blue Pruduction
★★★★★

力業だけではないソウルフルな歌にも注目、まさに弱点のないシンガー
Barbara Blue Sell My Jewelry CD \4,200(税抜)
2004年盤にシビれて、遡っての導入です。冒頭ファンキーなギターのカッティングとオルガンで幕を開ける#1.Trouble with Capial T、いつしかシスタ・モニカを聴く耳になっている自分に気がつきます。このヴォイシングはまさにパワフルな黒人シンガーそのもの。音だけ聴いてこの人を白人だと言える人は百人中 一人居るかいないかだと思いますが、そんな中#4のソウルフル・バラードでは今度は耳がジャニス・モードに変換するのも経験。偶然似てしまったか意識しているか、そのすれすれの領域にある歌唱です。とはいえ作品全体を一貫しているのはあくまでもバーバラそのもの、ずしんとくる手応えに満足度も大。
2001 USA Blue Pruduction
★★★★★
(収納棚CD14)

全身を使って剛速球を投げてくる、全てはここから始まったといえる原点的作品
Barbara Blue Out of The Blue CD \4,200(税抜)
私自身は04年盤から遡ってこのバーバラを聴いたのですが時折チラッと顔を出すジャニス・ジョプリン的な歌唱はそれが偶然ではなかったのかも知れないことをこれを聴いて知りました。もろにジャニスを聴いている感じがする#7.Can't Stop the Rainと、さらにジャニスの愛唱歌#10.Peace of My Heartまでここにはありました。でもさすがと思ったのは#10では全くアレンジも歌唱法も変えて完璧に自分の歌にしています。その辺りに見るプロのど根性、盤には2000年とありますが実際は94年のデビュー作の再発盤と思われます。
2000 USA Blue Pruduction
★★★★
(収納棚CD14)