appleJam特選  LouisianaSound
ご注文方法 / top page このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

2014年度対象会員様限定盤
/New Orleans Club
バイユー・ルー(Bayou Roux)
2009年盤が出ていた!しかも入手困難な中限定数をゲットすることが出来ました
Bayou Roux Heyday CD \3,300(税抜) VERY LIMITED
バンドの名前もサウンドも素敵だというご感想が寄せられていた、あのヒューストン出身のザディケイジャン〜テックスメックス系バンド、バイユー・ルーの次回作が出ていたことを最近やっと知りました。時既に遅し、ごく限られた枚数しか入手出来なかったのですが、それでも何とかルイジアナ系クラブの会員様分は確保することが出来ました。さすがテキサスの面々だけあって#5.Patate Douce(スイートポテト)等まるでダグ・サームのトーネイドス風サウンドも有りで。とにかくアルバム全編が楽しいです。当店的にさらに嬉しいのはロイド・メインズのペダル・スチールとドブロが数曲で聴ける点、ロイドは一般的にはディキシーチックスのメンバーのお父さんとして知られていますが、当店的にはテリ・ヘンドリックスの師で盟友でもあるプロデューサーとしてよく知られています。続く#6.File' は心地よいケイジャン・トゥーステップが印象的。実力派が揃った玄人好みのバンドで判る人にはこれはまさに宝物のような盤。ちなみにこの標題はペイデイ(給料日)に引っかけたのでしょうか。アリゲーター・ストンプという歌の中にもルイジアリゲーター♪なんていうダジャレが出てくるので、きっと茶目っ気の多い人たちなんでしょうね。
2009 USA Urbana
★★★★☆

2014年度対象会員様限定リバイバル選盤
New Orleans Club
羽根が生えていそうなくらい軽快なケイジャンアコが心に残る、絶品中の絶品盤
Bayou Roux Have Another Taste CD \3,000(税抜) VERY LIMITED
完璧なケイジャンと完璧なザディコ、そしてそこにちょっぴりのスワンプポップを混ぜ合わせた感じ。それがこのヒューストンから出た若いケイジャンボーイたちの織りなす南西ルイジアナ・サウンドを聴いたときの印象でした。全体がとってもフレッシュな感じで、中でも特筆は聴いただけで歯茎が浮いてしまいそうなくらい軽妙なエレキ・ギターのサウンド。時々顔を出すバレルハウス調のピアノも最高で、その同じピアノが曲によって結構芳醇な鳴りをしているのもゴキゲン度が増量する要因。総じて華があるのが何より強みかと。今回、彼らの新作を引き続き類似穴倶楽部の会員様にお届けするにあたりまして、彼らの名作の誉れ高い2006年盤を遡ってNOC会員様にもお届けさせて頂くことに致しました。数量が限られていますため対象コースのみの限定配布盤となっています。
2006 USA Bayou Roux BR03062
★★★★★