appleJam特選 RockMusi
ご注文方法 / top page  このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

最後の1枚! Last One Special Sale
ベンジー・デイヴィス・プロジェクト
鼻腔にほんのり湿地帯の空気も感じるサザン系アーバン・フォーク・ミュージック
Benjy Davis Project  Sincerely CD \2,700\480+税(Last One Price)
例えば#1.Aftermathなんかはかつてのジャニス・イアンを思わせる質感で、出身はバトンルージュながらも活動地がNYということで70年代前半風の音ニュアンスもそのまんまという感じ。ただ本人達がそれを意識して何々風になっているのでないことは先に導入した復刻盤2枚組のうちデビュー作にあたるDisc1を聴くとよく判ります。早い話、一曲毎に様々な時代性を含んだ様式がパッチワークのようににじみ出るのが彼らの特徴です。言葉の意味は判らなくても、生きていることの意味や人生の目的、人々の価値観みたいなもの、つまりは人間ソングという感じが恐らく結果としてかつての混沌の時代のアメリカの歌をまた思い出させるのかも知れません。当時はベトナム戦争と激しい人種差別。現在はイラク戦争を発火点とした宗教と人種における多様な価値観を人類は互いに尊重し合うことが出来るかというより根源的な部分での混乱の時代に生きている由。btw、間違いなく彼らは大型の実力派アーティスト。同様にフォーキーな#5.Sincerly は心なしアート・ガーファンクルを彷彿とする感じで、自然と心和む瞬間=ホンモノの歌の証でもあります。
2011 USA Rock Ridge Music
★★★★★
(収録棚 Last1棚)

BluesClub
久しぶり!60年代末期に放電された古い電流に感電した感じのナイスな電撃が走ります
Benjy Davis Project  the Angie House:More than Local 2CD (Out of Stock)
既に複数枚のアルバムをリリースしているディープサウス系の個性溢れるフォークロック・バンド。本作は2010年に復刻された01年と05年作の復刻盤。どこかちょっぴりバーズっぽいDisc2 #4.Humble Hand と#11.Where the Heart Is が個人的に激しくお気に入りに。60年代末期のスピリットが充満している感じ、それがなんともたまりません。蛇足ながらCD内のクレジットでDsic1 #4.She Aint Got Loveのリードギターはゲイトマウスとなっていますがこれにはチト疑問が。さらに一部USAのショップ・サイトではDisc1 #3にゲイトのギターが参加していることになっていますがやはりそこにもゲイトは居ないように思います。なんとなくスッキリしないゲスト・クレジットですよね。
2010 USA Losher Music RKM2-61289
★★★★☆