ご注文方法 / top page  このページは税抜表示です。   (Kingbeesのページも見る
ブルーバーズ (Bluebirds)
トリオになってもハジケまくり、誰も彼らを止めることは出来ない!
Bluebirds High Performance
CD \3,800(税抜)
今回からリー・エリクソンが抜けてトリオ編成になったものの、音の方は全くそんなことを感じさせない熱い塊り。バンドの看板でもあるパトリック(g & vo)をはじめ不動のメンバーの結束力が逆にクローズアップされた格好です。ゲストのホーン×2とキーボードに、Knock-out Gregのハーモニカ(#4,11)と *Stefan Dafgardのハーモニカが随所で良い仕事をしているため音の分厚さは格別。#6のファンキーなR&B調に象徴されるように、1st当時のブルース色が濃かった音ににフラッシュバックしていますが、彼らのストレートなブルースとR&Rテイストは本場を軽くねじ伏せるほどのパワー有り。
2003 Sweden Blue Vibe Music BV-02
★★★★

*注)Stefan Dafgard ・・・Horton's Briefcase に三曲参加しているハーモニカ・プレイヤー。

圧倒的な存在感で新たなファンを拡大した 3rdアルバム
Bluebirds / Sweet Jambouree
CD \3,800(税抜)
Bluebirds、待望の3rdアルバムの手応えに私はあらためて武者震いを覚えてしまいました。メンバーは前作以来の不動の4人。がつんとくる破壊力と疾走感は健在で抜群のコンビネーションと良く歌うギター、泣けるピアノがここでも大活躍。特にギターのこの音づくりは多くの方の快感を誘うものと確信します。出せそうでなかなか出せない魔法の音です。大半の曲を書いているギターのパトリックとバンド・リーダー的なピアノのリーの存在感を改めて痛感。曲によってホーンも効果的に使われ音はひたすら分厚くて熱いです。あとハイハットを開きっぱなしでリズムを刻むのが特徴のジムのドラムも絶好調!とにかく凄いの一言!R&Rを基調にブルースからロカビリーのエッセンスまで、極上のルーで仕上げた逸品。
2001 Sweden Mariann Grammoton MLPCD-3313
★★★★★

ルイジアナ調も有り、ワイドなアメリカンルーツ・サウンド ハジケまくりの2nd,1999年盤
Bluebirds Oh Baby!
CD \3,800(税抜)
スウェーデン発のゴキゲンなバンド、ブルーバーズ。こんなに凄いやつらが北欧にも居るのですね。ブルース、ロカビリー、R&R等すべての要素を含んだほぼ全曲が彼らのオリジナルですが、わざわざスタジオで一発取りしたことを強調しているそのサウンドは、破壊力満点です。そのスピード感、グルーブ感のどれをとってもがつんとくるパワーとうねりが溢れてます。vo& g担当のPatric Carlson と vo&ハモンド他のkb担当Lee Ericsonの二人がバンドのキャラクターを決定づけているようですが、本国アメリカにもこれだけのバンドは少ないと思います。歌も抜群に上手いです。特筆すべきはCarlsonの軽めに歪んだ、ペケペケしたギター・サウンド!めちゃかっこ良くてシビれます。超お薦め!

2002 Sweden Last Buzz/Boder Music原盤 BUZZ 8026
★★★★★

最もブルース色が濃い1stアルバム。まさにストレート勝負!
Bluebirds / Walkin' On Thrills CD \
\3,800(税抜)
こちらが彼らの1stアルバム。バンドとして既に完成型をしてるのと、クオリティ的に2ndと同等あるいはそれ以上かも知れません。凄いやつらです。これを聴かずしてルーツもロックも語れません。スウェーデンから叩きつけられた果たし状です。貴方はこれに受けてたって、何か言えるでしょうか。私はひたすらひれふするしかありませんでした。もちろん超お薦め!
1997 Sweden Last Buzz/Boder Music原盤 BUZZ-8007
★★★★★