appleJam特選  LouisianaTreasure
ご注文方法 / top page  このページは税抜表示です。


下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

/New Orleans
湿地帯ブルースのお宝発掘盤Bluesin'n'Bayou、今回もまた入魂の28tracksが燦然と輝く瞬間
V.A. Bluesin' by the Bayou Rough'n'Tough CD \2,670(税抜)
ここにある28曲中16曲が未発もしくは別テイクという凝りように改めて英ACEの執念を感じるコンピ盤。そういえばいつも南西ルイジアナ産のブルースは〜と書いている私ですが、ことエクセロ盤に関してはナッシュビル産のルイジアナ・ブルースになる由、エクセロというレーベル自体が1952年にナッシュビル初のブルース・レーベルとして誕生したことを念頭に置いておかないとと気がついた次第です。本作でもエクセロのプロデューサー、JDミラーの音源を中心に構成している点でやはりそれは当てはまります。ともあれ、スリム・ハーポやレイジー・レスターといった巨星に混じってワンダーボーイ・トラヴィスやホップ・ウィルソン等の名前もあるのが目を引くところ。もちろんクリフトン・シニアやブーズ等ザディコ・ブルーズ勢も収録しています。
2014 UK ACE CDCHD-1403
★★★★★

/New Orleans
南西ルイジアナ音楽もまたレアブルースの宝だと改めて思う総ナイスな作品
V.A. Bluesin' by the Bayou CD (Out of Stock)
ルイジアナ・ブルースと言えばまず誰しもが真っ先に浮かぶのが、スリム・ハーポにレイジー・レスターにライトニン・スリムにロンサム・サンダウン辺りかなと。そういった有名どころ以外にも初出のお宝音源も含めてここには珠玉の全28曲をこれでもかと収録しています。#2.Tha't Allright はスリムハーポの初出音源、続く#3.Late in the Evening はレイジー・レスターの初出音源、同じくずっと昔から聞いてきたような気がする#13.Early Morning Bluesもブギー・ジェイクの初出音源と。そんな具合で本作は相当にコアなブルースファンでも隅々まで新しい気分で楽しめるナイスなアルバム。個人的にはクリフトン・シニア(シェニエと書くのが一般的ですが)をザディコボーイとしてではなくブルースマンとして聴いてしまう#4.Worried Life Blues が激しく印象に残ります。
2013 UK ACE CDCHD-1368
★★★★★