appleJam特選 NewOrleans'Treasure
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

New Orleans Club
ブルース・マスターズ・フューチャリング・アル・カーソン
最近ちょっと珍しい、四人全員が黒人のソウル/ファンク系のブルースバンド
the Blues Masters feat.Big Al Carson 3 Phat Catz and 1 Skinny Dogg CD \2,850tax in
ニューオリンズ・ファンにはお馴染みのレーベル騾馬奪取(Rabadash)から登場した
ブルース度満点の新しいプチ・ファンクソウル・ユニット。ユニットといってもフロントの
シンガーが事実上リーダー格のバンド状態で、作品の華としても聞こえるピアノはレ
ーベル・オーナーでプロデューサーでもあるJohn Autinその人です。個々の曲、一曲
一曲は実に多彩かつ多面的な顔を見せる中、個人的には #6.Don't Look Any Further
のソウルフルさにうっとりします。さらにはシンプルだけどそこに上手く個性を落としこん
だ気がする#13.32-20 Bluesも好物に。ファンキー・タッチのホーンが効いている#9.
はクラブギグで聴いたらマグナム級の直撃弾になりそうな曲。当たり前のようにこう
いった作品を送り出すRabadashはやっぱりマニア度で天下一だと感じる次第です。

2010 USA Rabadash RAB-035  bb's Recommendation2010
★★★★☆  

Harry Sterling - guitar, vocals
Harold J. Scott - bass
Rodney Rollins - drums
"Big Al" Carson - lead vocals

Guest Musicians:
Bruce Boneux - guitar
Rickie Monie - organ
Patrick Williams - harmonica (Miss. Sax)
Michael Bagent - piano,organ
Warner Williams - piano
John Autin - organ, piano, strings
Cranston Clements - guitar
Tracy Griffin - trumpet
Emile Hall (Poonie) - saxes
Lindsay Mendez - vocals

   
お店からのお知らせとお詫びです
   このアルバムは演奏機との相性で一部音飛び及びループの可能性があります。
   当店の試聴機 DENON DCD-1650SR で、track#9.において音飛びとさらに同じ
   場所を繰り返し再生して先へ進まなくなるループの現象が一箇所発生します。
   他に複数ある別の再生機では全曲正常に演奏出来ることを確認しましたが、
   この盤のような現地流通のみのレア盤の場合は交換が不可となりますため、
   ご購入のお客様は予めその点を何とぞご了承下さいますようお願い申し上げます。
 
   一応の救済策としまして、#9.Who Knows をノーカットで以下にupしておきます。
   万一ご自身の演奏機で再生異常が発生しました場合はここからダウンロードして
   お楽しみ下さいますようよろしくお願いします。

   #9.Who Knows (CDクオリティのmp3に変換したファイルです) 〜〜右クリックで「対象をファイル保存」