appleJam特選 NewOrleans'Treasures
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

New Orleans Club
ブライス・ミラー
ここでもまた目の幅涙のSt. James Infirmary が聴ける!世界中で録った極上生のブラスバンド・ミュージック
Brice Miller presents A New Orleans Kinda Party feat.Mahogany Brass Band CD-R \2,850tax in
これはニューオリンズのエキゾチックなバックビート・ブーツィ・シェイキン・ミュージックのエッセ
ンスです!生々しくもファンキーな、かつ一切無加工の、アンタのケツをぶっ飛ばすに違いない
音楽ナノダ。ってな感じのメッセージがやけにリアルな、実際にも激しく荒々しいブラスバンド・
ミュージックです。中でも#4.I'll Take You Thereの超生々しさは格別。現実にストリートでこんな
バンドに遭遇したら、もう何処にでも連れてってくれ状態になることは確実。地元ニューオリンズ
はもとよりフランス、デンマーク、スペインの各地でストリート録音も有りで収録された感じのディ
スク。だからこそ余計に場の空気までキャッチした、そんな現実感が凄いのだと思います。クレ
ジットはないものの、それがまさにBrice Miller のペットと歌だと感じる7分半の長尺トラック、
#8.St.Jamesは曲自体私が死ぬほど好きな"St. James Infirmary"でもう昇天!

2010 USA Independent  bb's Recommendation 2010
★★★★★

Brice Miller and The Mahogany Brass Band
Featuring:
Mama DigDown Brass Band
Andrew Baham
Erion Williams
Robert Harris
Anthony Bennett
David "Frog" Walllace
Walter Ramsey
John Gross
Dwight Miller
A.J. Mallory
Earl Brown
Ebria Kieffer
Omari Thomas
Brice Miller on tuba, trumpet, vocals, plus Special Guests

ブライス・ミラー
同じ新旧取り混ぜでも今までのとは何かが違う、新感覚ニューオリンズ・トランペット
特にUrban Swing編以降の章での大胆なヒップセンスはコンポーザーとしても注目!

Brice Miller A Day in the Life CD \3,150tax in
ニューオリンズで新世代と言われてきたJ.アンドリュースやカーミット・
ラフィンズ辺りとスタイル的には似ているにも関わらず、このブライス・
ミラーは根本的に何かがもっと新しい、そんな印象を強く受ける作品
です。最近の若手では特にシャマー・アレンに注目していますが、これ
でまた新たに追いたい人が一人増えました。キャリア等詳細は不明で
すが著名なブラスバンド出身か?共演のKirk Johseph のスーザフォ
ンが活躍する#3. I'll Take You Thereと曲自体大好きな#8.St.James
Infirmary
が印象深いですが、特に後者はそのアレンジ・センスに
ブライスのコンポーザーとしての才能も感じます。期待度大!の人。

2008 USA Miller Mac Media  bb's Recommendation2009
★★★★☆


テーマ別に構成されたアルバム全章
New Orleans Street Beat - #1-3
Rebirth of the Funky SOUL - #4-6
Urban Swing - #7-9
ALL THAT - #10-11
Ambient Ecstasy - #12

Brice Miller - trumpet
FEATURING:
Theryl "The Houseman" deClouet
Kevin O' Day
Ronnell Johnson
Peter Harris
Kirk Joseph
Davis Rogan
Andrew Baham
Mahogany Brass Band

All tracks written, arranged, produced by Brice Miller,
except where notated. Urban Swing, all instruments by Brice Miller,
additional support by Josef Butts (bass), Ronnell Johnson (keys),
David Wallace (Samples nd tracking) on #7 & 8.