appleJam特選Zydeco
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

バックウィート・ザディコ (Buckwheat Zydeco)
もともと強烈にブルージーなのがバック・ウィートのザディコ魂なのです

Buckwheat Zydeco Lay Your Burden Down CD \2,480tax in
先のアリゲーターからのデビュー作がシーン的に激しく高い評価を得た
JJ Greyの作 #2.the Wrong Sideが何気なく入っているとか、スプリングス
ティーンらしい汗臭くもメロウなスウィート・バラード#5.Back in Your Arms
Again
、さらにはもっとそれ以前に冒頭でサニーのスライドに仰け反る
#1.When the Levee Breaksが強烈だ!とか、とにかく聞き所の多い
盤。ストレートにブルースを感じさせる作り故、今回はBlues Clubの
お客様全員を対象に選盤、もちろん一般売りもあります。店主的には
そこはかとなくソウルフルな感じの#5.Don't Leave Me がマイベスト。
大ベテランなのにアマチュアっぽい音が逆に泣ける曲です。

2009 USA Alligator ALCD-4929  bb's Recommendation2009
★★★★☆

スタンリー(バックウィートの本名)のオルガンも聴ける、ホット&クールなめちゃイケ・ザディコ
Buckwheat Zydeco Jackpot! CD \2,850tax in
確か今年2005年でまだ58才のバックウィート。その若さと充分な
キャリアがそのまま音になってる感じです。80年代にそれこそ死ぬ
ほど聴いた人なので、その頃と比べるとさすがにヴォイスがスモー
クサーモン化した感じはしますけど、それでもまだまだ若いです。バ
ックウィートならではのブルージーなザディコ、特に彼自身がB3を弾
くラスト三曲(このB3の音最高!)はマジに泣けます。題してオーガ
ニック・バックウィートなコーナーなんですが、これが実にクールかつ
ブルージー&ジャジー。かつてクラプトンがこのバックウィートにハマ
ッたのも当然と、改めて感じます。手放し、文句無しにゴキゲンです。

2005 USA Tomorrow Recordings TMR-70008
★★★★★

ハンディ・プライスで出たバックウィート、Rounder時代のベスト選集
Buckwheat Zydeco Classics CD \1,450tax in
ここでいうクラシックスというのはこの廉価シリーズの
タイトルを兼ねていて、最近の第三世代ザディコに対
しての古典という意味合い。単に彼の黄金期のベスト
選集と考えて下さった方が判りやすいと思います。一
時期世界的にザディコ・ヒーローとなったのも記憶に
新しいですが、当時は国内盤で普通に出ていた人の
ひとりでもあります。21世紀のザディコにもそんな時
代がくるといいなと願いつつ・・。

2003 USA Rounder 11661 2177 2
★★★★

ハジケまくりのザディコ・コンピ盤、内容にも大満足!
Buckwheat Zydeco & Co. Tomorrow's Zydeco CD \2,850tax in
バックウィートの未発表音源 "Hey Joe"の13分超にも及ぶライヴトラックを
含むTomorrow Recordings社のサンプラー的コンピ盤。メインのバックウィー
トは4曲で約30分を占め、あとショーン・アルドワン"Pullin'"から4曲とリル・ブ
ライアンの"Funky Nation"からの3曲で約32分の、計11曲約62分収録です。
恐ろしく元気でノリのいいバックウィートのスタジオ・テイク2曲と入魂のライヴ
2曲はザディコ・キングの貫禄充分の手応えで、初出の "Hey Joe"はアコー
ディオンで聴くジミヘンのカバーの醍醐味をたっぷりと堪能出来ます。あと、
これを聴いたらショーンの"Pullin'"が絶対欲しくなると思います。

2002 USA Tomorrows Recordings
★★★★★

日本ではザディコの代名詞にもなった一枚
Buckwheat Zydeco Zydeco Party CD \2,280tax in
日本でザディコと言えばこれ!ってくらい
売れたアルバム。その名もズバリ、バック
ウィート・ザディコって名前も判りやすかった。
その時期、どこへ行ってもかかってたのを
記憶してるくらいです。その頃は国内盤で
も出てたんですよ。"Ya ya"や"Tutti Frutti"
のカッコよさは今聴いても充分シビれます。
逆に今だからこその新鮮さも有る盤!

1987 USA ROUNDER 11528
★★★★★


ストレートなブルースにシビレるかっこいい一枚
Buckwheat Zydeco Waitin' For My Ya Ya CD \2,280tax in
ザディコとひとくちに言ってもそこには
やっぱり色んなアプローチがあって、
ときにはカリプソしてたり、ストレート
なブルースやってたりするんですが、
ここでは”Someone eise is Steppin' in"
が後にバディ・ガイによって「スリッピン・
イン」というタイトルでリメイクされた元ネタ
が入ってたりします。お薦め!

1985/1988 USA ROUNDER 2051
★★★★★

今聴いてもやっぱ凄いアルバム、当時の進行形として今もなお
Buckwheat Zydeco Tunrning Point CD \2,280tax in
どえりゃぁ豪華な音のするザディコで、ジャケットまで
煌びやかです。やはり何事もやるからには自分こそ
〜の王様!という自負と自信はエンターテインメント
の世界では大切かも、などとジャケットを見ながら
考えてしまいました(笑)。それはともかくも #5の
"Mon Papa"と #10.This Must Be Loveが個人的に
大好きです。ザディコがR&Bやブルースと直結して
いることを音で判らせてくれる要素が大です。

1983/1988 USA ROUNDER 2045
★★★★★


バックウィート・ザディコ (Buckwheat Zydeco)
現存するザディコの大御所中の大御所。ブルースで言えばまさにバディ・ガイ・クラスのキャリアと人気+実力を誇る人です。個人的な話で恐縮ですがあれは1980年代、研修で(当時はレコ屋チェーンに勤務していました)大阪のコンセプト・ショップを総なめするかのような勢いで、梅田を中心に片端からオモロイ店めぐりをしていたときの話。何故か行く先々でこのバックウィートのザディコがかかりまくり。う〜ん、大阪の兄ちゃんや姉ちゃんたちはマジにザディコ好きなのか??とついに好奇心を抑えきれず、お店のスタッフに質問したところ ・・・え??あ〜これ!(と天上のスピーカーを指さし)これ、有線なんですけど。・・・ という説明に、なるへそー!とこっちも納得(笑)。それにしても移動時間も含めてかなりの時間、あちこちのショッピング・ビルや路面店を回りましたけど、記憶では確かずっとその間ザディコ漬けでした。大阪の有線、ほんま濃いわ〜です。