バグス・ヘンダーソン
1944年パーム・スプリング生まれの豪快なブルースロック系ギタリスト。"We are a Texas Band"といったアルバムタイトルが象徴するようにテキサス流儀のギタートリオであることを自負、そのサウンドは徹底的にパワフルでしかも熱いものがあり、ジョニー・ウインターやロリー・ギャラガー辺りがお好きな方にはストライク・ゾーン間違いなしの音が炸裂しています。さらにはバグス自らが監修したと思われる3枚組ベスト・アルバムは彼の作品を一通り聴いてきた耳にもとても新鮮に響く作品です。2004年以降は比較的シンガーとしての要素も拡大しつつ、ギター・ソロも弾き倒すというかつての姿より、一曲・一曲をより渋く仕上げるための武器として的を絞って使っている気がします。(以上は2004年某月に書きました)

appleJam特選 GuitarPlayer
ご注文方法 / top page  

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

バグス・ヘンダーソン
火を吐く勢いと同時にスローブルースで見せる渋い味わい、まさにギターのためのブルース三昧ってやつ
Bugs Henderson & The Shuffle Kings Vienna Calling "From Austin to Austria" 2CD \8,500税込
かつては鬼コアなギターファンだけが四苦八苦して入手しそして悶絶していたバグス。そんなバグスを2000年の初導入以来そのリリースを追ってきた訳ですが、途中から作風がぐっと渋くなりシンガーとしてのウェイトも増すようになりました。がしかしここに収録されたオースチンとグラナダの二ヶ所でのライヴ2枚組は文句なしの弾き倒しバグスをキャッチ。恐らく普段のステージでは今もこのように豪快に弾きまくる姿が普通なんだと想像、スタジオ作品とはスタイルを区別しているのが実際だと思います。それはさておき、今回のライヴ盤は1枚がトリオ吹き込み、もう1枚がキーボードと共演のギター参加の五重奏団という二色構成に注目。試聴はその対比が浮き彫りになる Disc1 #7.
Look What Love Can Do とDsic2 #5.Ticket to Ride をどうぞ。
2009 German Taxim TX1067
(収録棚 CD21)
★★★★★

Vienna Austin
Bugs Henderson guitars,vocals
Sean Frankhouser bass
Linda Waring drums

Granada
Bugs Henderson guitars,vocals
Kirby Kelley slide guitar
Tommy Young keyboards
Keith Jones bass
Linda Waring drums

充実度を増すSSW路線、歌詞を大切にしつつ随所でギター・ソロも活かしています
Bugs Henderson & The Shuffle Kings Blue Music CD \3,850
税込
古くはECもある日を境にぐっとシンガー・ソングライター度を増すという変身を遂げ、そして最近ではフィリップ・ファンクハウザーがやはり歌への比重をずっと重く取るようになりました。自身のギターで沢山のファンを惹きつけた人がそういった転進を計るにはかなりの勇気が必要だと思うのですが、オレは実はもっとモット歌に気持ちを籠めたくなったのだ、という衝動が突き上げて来るのかなと想像します。そして例を挙げた二人と同様、バグスもまたそのことで見事に新境地を開拓した感じ。今回は特に#7.Tatto が日本人には60年代G.カップスやジャガーズを思い出す音、哀愁とそして野性味とがうまくミックスしています。#11.John Henryも印象深いし#13.Fantasy Girlでは突如バグスがジョン・フォガティに思えてくる瞬間!
2008 German Taxim TX-1065  bb's Recommendation 2008
(収録棚 CD21)
★★★★☆

メリハリある構成で何度でも聴きたくなる、文字通りのザ・ベスト・オブ・バグス
Bugs Henderson & The Shuffle Kings Electric Snow 3CD \3,850
税込
過去作品の一部が完売入手不可になりつつある今、集大成的な充実のベスト・アルバムが出たことを大いに喜びたい心境です。3枚のディスクのうち1枚はいわゆるボーナス・ディスクで、主に90年代の未発曲で構成されているのも嬉しい要素ですが、それ以上に本命のディスク2枚の内容の素晴らしさが出色。それぞれ既発作に収録済みとはいえ全部が新曲を聴くような気持ちで聞くことが出来ます。1枚が歌入り、1枚がインスト集といった構成も見事、ブルースロック・ギターの醍醐味をとことんまで堪能出来るセット。
2006 German Taxim TX-1061
(収録棚 CD21)
★★★★★

新境地開拓か、アメリカンルーツ系SSW路線のアプローチが多々有り
Bugs Henderson & The Shuffle Kings Stormy Love CD
\8,500税込
ハワイアンスチールの登場に象徴されるように明らかに変化を感じる一枚です。各曲で効果的に登場するオルガンも好印象ですが、今回特に#11はバグス一世一代の勝負作!かも知れません。この好感度大の変化は、恐らく自らのギターだけが目当てのファンに対して歌もちゃんと聴いてくれよっていうようなメッセージを発してる気がしました。オースチンの流離いのギター弾き風から西海岸のハイウェイをかっ飛ばすのにもってこいのハードエッジな曲まで、おりゃこれはまるでイーグルスじゃんみたいな曲も含めて、すべてのファンが満足する内容。
2004 German Taxim TX-1059
(収録棚 CD21)
★★★★★

圧巻のビートルズ・メドレーと、これでもかのワイルド・ギターソロ満載!
Bugs Henderson & The Shuffle Kings We Are a Texas Band 2CD \8,500
税込
2002年9月、ドイツはブレーメンのブルースクラブで収録された、トリオ編成によるライヴ盤。リズム隊はいつものキースとバディです。2枚組というヴォリュームにも関わらず各曲が時間的にも内容的にもメリハリが利いているので一気に聴いてしまいます。前作のライヴ盤より比較的腰だめになった感じで、豪快ならがもイケイケ感よりはじっくり一曲を聴かせる印象を受けます。随所にビートルズの名曲が登場するのが特徴ですが、中でもDisc2の#9は文字通りのビートルズ・メドレー、前半はギターのみの文字通りソロパフォーマンス。他にもボブ・ディランからからスティーヴン・スティルスまでという幅広い選曲も印象的。相変わらずオリジナルの出来も良いです。
2003 German Taxim TX-1052
(収録棚 CD21)
★★★★★

鋼鉄ハンマーギターという形容を当てはめたくなる豪快なライヴ盤
Bugs Henderson & The Shuffle Kings Call of The Wild 〜 Live at The Meisenfrei 2CD \3,850
税込
圧巻のベンチャーズ・メドレーも織り交ぜた白熱のライヴ2枚組。その剛鉄のハンマーのような快音をまき散らすバグスのギターは問答無用!好きになるか、あっしには関係有りませんと言い切るかだけの世界。やってる方も好きな奴だけ聴け!と言ってるかのようなスタンスが非常に好感度高いです。とにかくこの手のギターものはコメントは一切不要、ひたすら爆音で聴きまくってスカッとする、それで正解!!とはいえかなりの手練れであることは特筆したいです。ギターを志す人は素通り出来ない魅力をぷんぷん発散させています。貴方はどうしますか??
2000 German Taxim TX-1026
(収録棚 CD21)
★★★★

キレまくりの一瞬を捉えた凄まじいテンションに心臓バクバクです
Bugs Henderson Legendary Jams 1976-1980 CD (Out of Stock)

のっけから火の出るようなフレディ・キングとの"Boogie on Down"に仰け反らされたかと思うと、次は長尺12分にも及ぶロイ・ブキャナンとの"Green Onion"、ロイのテレキャスが今にもメルトダウンしそうならい熱い!まさにマグマ噴出もののエゲツない音、二番手で登場するバグスの裏でハウリングしまくっているのは恍惚の境地に達してコントロールが効かなくなったのか。ギター好きなら失神しそうなスローブルース"It's My Own Fault,Baby"はそのシャウトと共に魂を抜かれてしまうジョニー・ウインター、12分と17分の長丁場をブルースをネタに暴れまくるテッド・ニュージェント、恐らく各共演者共に リリースを前提とはしてなかったのではと思える程奔放な各ギタリストのパフォーマンスに圧倒される全70分、凄すぎて絶句します!
1997 German Taxim TX-1035
★★★★


カスタマー・レビュー
customer's review
比較的無名でも凄いギタリスト、ブルースマン、世の中にはいるものですね。ある意味、スティーヴィ・レイボーンよりストレートでイリュージョンしています。私はBugsのほうが気に入っています。あの破天荒さがたまりません。今後とも、こうした埋もれた(?)素晴らしいミュージシャン、どんどん紹介してください。感謝。 (東京都 H.S.様)

ギターファンなら絶対に背中を向けられない面白さ
Bugs Henderson Four Tens Strike Again CD (Out of Stock)

火を吹くスライドが強烈な"Highway 61 Revisited"、クリームを超えてしまった"Sunshine of Your Love"、ディランも顔負けのゴスペル・フィーリング漂う"Just Like a Woman"と、超有名曲が全くの新曲に化けた面白さに脱帽。さらにはバグス自身のオリジナルのカッコ良さがこのアルバムを決定的なものにしたと思います。とにかく!ギター好きならこれは聴いておかないと、持ってないとイケマセン!!そう言わせる何かがバグスにはあります。まさに硬派中の硬派、チカラと技が一体になって押し寄せる電撃、剛鉄ハンマーによる脳天へのキツーイ一撃が貴方の全身を震わすはずです。凄いおっさんが居たものです。
1996 German Taxim TX-1029
★★★★★