appleJam特選 JazzVocal
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

JewelJazzClub
フュージョンwithクラブ・シンガー的なルイジアナ産ジャズ・ヴォーカル
Cindy Scott Let the Devil take Tomorrow CD \2,850tax in
ちょっと緩めのクラブ・シンガーっぽい感じがOK牧場。
心地よい気だるさが滲むサウンドと歌で、#2.If にお
けるパーカッションの解釈なんかはそのうねり方がア
メリカーナ系SSWっぽいスタイルでもあります。一方
CTIっぽいオルガンの響きが特徴の#9.Kiss of Fire
ではフュージョン系のジャズだけが持つ独特の魅力に
病みつきになりそう。後ろでさらっと展開するベースの
リフがピンク・フロイドの「マネー」のそれだというお楽
しみも。Brian SeegerとBrian Cooganは共に
Jirka Halaのアルバムでも大活躍しています。

2009 USA Catahoula Records
★★★★

Cindy scott - vocals
Brian Seeger - guitars, pedal steel
Vadim Neselovskti - piano, melodic
Tommy Sciple - bass
Geoff Clapp - drums
Ed Petersen - saxophone
Brian Coogan - organ
James Shipp - percussion