Louisiana  A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z V.A


ザ・クリオール・ベルズ(the Creole Belles)

戦前ブルースとダイレクト・リンクしている感じもするクリオール・フォークスのケイジャン・ミュージック
フィールドハラーにも通じる要素はコミュニティと人々の生活とそして共有されるひとつの価値観という感じ

the Creole Belles Cajun and Creole CD \2,900tax in
ここにあるのはあくまでもクリオールのカルチャーとして育まれてきたケイジャン音楽で、
それ自体は全然ブルースではないのにも関わらず、何故か激しくブルースの要素を感じて
しまいます。その感覚の背景には恐らくかつて耳にしたフィールドハラーやワークソングとい
ったコミュニティな歌が内包している、いわゆるプリミティヴなブルースのエッセンスと同じもの
がそこにあるからかなと感じます。こういう作品を聴いた後に戦前のカントリー・ブルースを聴
くと、それが突然母国語の歌に聞こえるから不思議です。広大なデルタ地域の綿花畑に立つ
と俄に故郷に帰ってきたような気がするのと同じ現象か。#10.Valse A Cathleenは歌の部分、
一瞬琉球地方の民謡かと思う瞬間も。ヴォーカルの半分は男性ですが、あえて今回はこれ
をBWC選盤として会員の皆様にお届けします。繰り返し聴くうちハマルと思います。

2008 USA Arhoolie CD-535   bb's Recommendation 2008
★★★★★



お申し込み方法