appleJam特選 Blues
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

カーティス・ローソン(Curtis Lawson)
黄金時代のリヴィング・ブルース、今が何年かなんて関係ないっ!
Curtis Lawson Ain't No Cure for The Blues Vol.2 CD \5,900+\3,350+今だけの特別価格  時期を見て元の価格に戻ります。
ヒューストンに1934年に生を受けたカーティスは56年に軍務から解放された後はカリフォルニアに居住、確かに彼のソウル・チューンにもブルースにも西海岸特有のカラッとしたテイストを感じます。時にはジョー・ターナーにも聞こえる彼の馬力のあるブルースはその後ベイエリアのクラブを夜な夜な賑わしたことは確実。冒頭での湿度30%系の響きが心地よい#1.Ain7t No Cure for the Blues とジャンプ系の中にも爽やかな余韻を残す#4.Put Some Kisses for Me辺りにこの人の個性を強く感じる次第です。
2005 USA Self Released
★★★★★
(収納棚CD2  stock4)

Curtis Lawson - vocal
Jerry Whitmore - guitar
Landon Whitmore - drums
Dale Whitmore - bass
Julien Bought - sax
Billy Dunn - key

スタジオ盤では全曲がオリジナル、そこに見る進行形ブルースマンの心意気
Curtis Lawson Legend In My Own Time CD \5,900+\3,350+今だけの特別価格  時期を見て元の価格に戻ります。
出身はテキサスでもその後は西海岸に居を構え、メインの活動地もベイエリア周辺といいますからカーティスのブルースに何とも言えないブレンド感覚を感じるのは当然かも知れません。この作品はそのウェストコーストのブルースシーンにおいて Hall of Fame Award を受賞した後にリリースされたもの。モダンなアレンジが特徴で、#4で聴けるようなミディアムのファンクはまさに進行形ブルースにおける定型かも知れません。#9ではいきなりカントリーソング風になるものの、ブリブリっとしたサックスがまた面白い味付けに。
2004 USA La Quanta Music
★★★★
(収納棚CD2  stock1)

Curtis Lawson - vocal
Jerry Whitmore - guitar
Landon Whitmore - drums
Dale Whitmore - bass
Julien Bought - sax
Billy Dunn - key

ドレイクのギターにも惹かれる、ライヴ・サーキットでの熱いひとコマ
Curtis Lawson live at the Saloon 〜 feat.Drake Levin CD (Out of Stock)
これぞまさに絵に描いたような場末のライヴ・シーンのひとコマ。直ぐに思い浮かんだのはスコセッシ監督のTV映画DVDで観たボビー・ラッシュの精力的なチトリンサーキットめぐり、このカーティスもまた日夜このようなギグで全米で走り回っているのだと思います。エブリディ〜からストマン、ビッグ・ボス・マンにザッツ・オーライト、ママとこの手のブルース好きなら誰でも知っている大スタンダードのまさにオンパレード。特にこの盤での聞き物はSRVスタイルとは対極にあるドレイクのテキサス・ブルース・ギター。流暢には弾かないところに真実味を感じる不思議な瞬間です。
2000 USA Retropro RP-74032
★★★★

Curtis Lawson - vocal
Drake Levin - guitar(写真)
Norman Winker - drums
Thaddeus Reece - bass
Herman Eberitzsch - b3