appleJam FunkyBluesGuitarWomen

ご注文方法
  / top page
 
下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

BluesWomenClub
デビー・デイヴィス
コリンズバンドでの勇姿が今も瞼に浮かぶデビー、とことんまで頑張れと感じるゴキゲンな仕上がり
Debbie Davies Love Spin l CD \2,400+
おっと、この渋いジャズ・チューンもデビーなのと思わず確かめた #9.a Darker Side of Me と、重ためスライドと軽いリフのミックス感がゴキゲンな #2.Love Spin。いずれも還暦を過ぎて既に60代半ばになったデビーの、変わらずフレッシュなセンスにまたまた脱帽。かく言うこれを書いている自分も今は62才、頼もしい姐御の存在に思わず嬉しくなる瞬間でもあります。曲毎に変化する絶妙なギタートーンも聴き所で、シンプルなフェンダー・ギターを最高に妖しい楽器として魅了させてくれる点もまさに職人の技。文句なし、最高のブルースウーマンだと感じます。
2016 輸入盤国内仕様 BSMF
★★★★☆ 

BluesWomenClub
全曲総ナイスな仕上がり、41でデビューしたデビーにはきっと20年後の今が40歳の気分に違いない
Debbie Davies After The Fall CD (Out of Stock)
今回はNYのM.C.Records からアルバムを放ったデビー・デイヴィス。このレーベルとは私も06年から翌年にかけて数回の直取引があったので思わず懐かしくなりました。オーナーのMark Carpentieri氏の名前を付けたこのMCからは過去 Marie Knight をクラブタイトルでお届けしたことがありますが、取り扱いアーティストのセンスの良さには一貫して定評があります。デビーもデビューから早20年、現在61歳の大ベテランですが本作は派手さはないものの繰り返し聴けば聴くほど耳に馴染んでくる仕上がり。#4.Done Sold Everything や#6.All of My ForgivenessでのJ.G.ワトソンにも通じるフレージング・テイストにデビーがギター少女だった頃の顔が見えてくるようで何というか全然他人という気がしない、戦友のような情感を覚える瞬間。それにしても最近は多方面で女性の活躍が圧倒的に目立つ時代になりました。
2012 輸入盤 bb's Recommendation2012
★★★★★