appleJam特選 Guitar'Treasure
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

BluesClub 2017年度対象コース会員様限定
1975年Kicking Mule制作、ダック・ベイカーの1stソロ作品の初CD化
Duck Baker There's Something for Everyone in America CD \2,500tax in(価格は当時の税込み価格をそのまま適用します)
2017年初頭、クラブ会員のお客様からラグタイム・ギターのお薦め作品を選盤してとのご依頼が入ったのですが、今どきは新作でラグタイムギターの作品を見つけるのは至難の業。幸いラグタイムの名手ダック・ベイカーがキッキング・ミュールから1975年に出していた名作中の名作の初CD化盤を倉庫に確保してありましたので本作を9年ぶりに選盤することにしました。通常はもっと熟成させて完全に入手不可になってから蔵出しするのが当店のスタイルなのですが、ことラグタイムというカテゴリーではそう何作品も抱えていない由です。以下当時のコメントそのまま 〜〜 トラッド系の楽曲で数多くグレートな仕事をこなしてきたギタリスト、ダックベイカー。スティーヴ・グロスマンとの親交はもとよりジョン・レンボーンとのコラボレーションもシーンの高い評価を得ています。完全インスト・アルバム。PDFファイルでTAB譜をディスク内に収録しているのでPCで開く、プリントする等々、実践派へのサポート面も充実した初CD化です。
2008 輸入盤国内仕様 BSMF BSMF-4005