appleJam特選 Jazz
ご注文方法 / top page    このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

Jewel Jazz Club
意外なところにあるヴィンソン隠れ名盤の一枚、世界的廃盤で今再び注目が!
Eddie Cleanhead Vinson Blues,Boogie&Bebop-"Meat's Too High" CD \2,850
(税抜)
'80年と82年にロンドンで吹き込まれたヴィンソン(as/vo)のセッション・アルバム。ピアノ・トリオとギターの加わったカルテットと共演していますが、いずれもファンキーでブルージーな仕上がり。アルトの鳴き方がモロに臭くってもうシビレます。歌も良しでかなりのお薦め!アナログ盤時代から通算4回目の登場ですが今回はデジパックになった分触感質感共に渋くなっています。
2007 UK JSP 8806
★★★★★

全編を包むブラック・コーヒー的なジャズ・ブルース、渋い!の一言です
Eddie Vinson Redux 〜 Live at The Keystone Korner CD \2,480(税抜)1979年、サンフランシスコのキーストン・コーナーにてライヴ収録された実に渋い盤。共演はLarry Vuckovich(p)、James Leary(b)Eddie Marshal(ds)のトリオで、ヴィンソンは全10曲のうち長尺の曲以外6曲で歌も歌っています。いつもながらヴィンテージ・ブルースそのものといった唱法にはずしんとくるものがありますが、アルトの方のリアルさもまた格別。ハイライトは9分超にも及ぶ#4のブルースと#9.Tenderry。いずれもイントロからその一音一音に命が籠もっている感じで思わず聴いている方も熱くなります。
2003 USA Savant SCD-2052
★★★★☆

文句無し、存分に楽しめる2枚組
V.A. / The JSP Jazz Sessions Vol.2(2CD)  (Out of Stock)
London 1980-85 (Eddiie Cleanhead Vinson etc...)
どういう経緯でJSPにこのようなバピッシュなジャズのセッションが残されたのか、詳しくはないのですが、エディ・クリーンヘッド・ヴィンスンやバド・フリーマン達によるこれらの演奏はまったくもってすみにおけないゴキゲンなものばかりです。特にDisk 1のアルト、テナー、トローンボーンのブローイング・セッションは特筆に値する貴重なトラックばかりです。DISC2のハル・シンガーも絶妙のテナーを聴かせてくれています。超お薦め!
1980/1981/1982/1985 UK JSP JSPCD-404
★★★★☆