appleJam特選Blues
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する

下記コメント中、曲名に茶色のリンクがある場合、クリックすると対象の曲を試聴可です。

イーライ"ペイパーボーイ"リード
全編サザンソウル街道まっしぐら!という路線、ギタリスト度は減少しています
Eli "Paperboy" Reed & the True Loves Roll with You CD \2,100tax in
アレンジのセンスとイーライの立ち位置共に真正面から60年代サザンソウルを
捉えている感じがします。仮にO.V.ライトやオリー・ナイチンゲール・サウンドを
もしマッスルショールズでロッキン・R&Bに改造したらこうなるかなという風に私
には聞こえます。快速サザン特急的な#4.the Satisfierと、圧巻のスローバラー
ド#10.(Am I Just)Fooling Myselfに挟まってたっぷりのグルーヴィーな曲満載、
それら全曲がイーライのオリジナルであることに注目。P-Vineが一際の関心を
彼に寄せた理由も、その底無しの天然ソウルフル・ボーイであることに違いなく、
これを単に青い目のソウルと言って片づけさせないぞ、という気迫を感じます。

2008 国内盤P-Vine PCD-20035  bb's Recommendation 2008
★★★★☆
この作品はBlues Club会員のお客様全員に、イーライ秘蔵のレア音源
5曲収録したP-Vine特製ボーナス・ディスク付!でお届け致します。

このままストリートで埋もれるのは絶対惜しい人、ぞっこん惚れちゃいます
Eli "Paperboy" Reed Sings "Walkin' and Talkin'" CD \2,850tax in (Out of Stock)
...and Other Smash Hits
気持ちよい歪み感とスリリングなテンション、さらにちょっと頭がへこん
だ感じ
のトレモロ・リヴァーヴがチープなヘタウマ・ギター。王冠マーク
をしたレーベルマークまで含めて、ここにはまさに50年代末期にタイム
スリップしたのかと思わせる音が充満。時折のルイジアナ調も意図した
通りか、ベースはもちろんウッドベース、時々そこに絡んでくるオルガン
もとにかくそれら全てがあの時代。このPaperboy が何者なのかは不明
ですが恐ろしくクールな作品であることは確か。こだわるときは徹底的
にを地でいったモノ録音、やってくれます!の米インディーズ・ブルース。

2004 USA Double E Records bb's Recommendation 2004
★★★★★
マサッチューセッツ〜オールストンのジャックの地下室で録音
アートワークもそのジャック(Jack Yonnger)が担当とのこと。

Paperboy - guitar,vocals,harp,organ
Jake "K.L." Leckie - upright bass
Andrew Fenlow - rhythm guitar,trombone
Ben Jazze - sax
Eli Kessler - drums
Jack Yonnger - background vocals

イーライ"ペイパーボーイ"リード
ボストン周辺のアンダーグラウンドでサブカルチャーな若者達が徹底的に50年代にこだわって作った、という感じのレトロなサウンドがみそ。個々のミュージシャンはかなりの実力をしています。きっと普段はスタジオ・ミュージシャン??とにかく詳細は不明ですがその作品自体に魅せられての導入です。アメリカってやっぱ凄い国だな〜と感じる瞬間です。 〜 と書いたのが2004年某月のこと。今般2008年10月にリードの新作がP-Vineから登場!ぐっとソウルフルになった印象はギタリストという以上にシンガーとしての余韻を残します。