appleJam特選 Blues
ご注文方法 / top page   このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

BluesClub
泣けるフレディ、収録から40年が経っても昨日の今日のこの感動が嬉しい2枚組
Freddie King Going Down at Onkel PO's 2CD \2,750+
本作と同じくウィリアム・スタウトのイラスト・ジャケットで同時リリースになったアルバート・キング盤が「未発ライヴ!」の触れ込みとは裏腹に中身が既発盤の使い回しであることをすっぱ抜きレビューした日本のコレクター兼ライター氏が居たことを先日当店のウェブに書いたばかりですが、さてこちらのフレディ・キング盤も実は同様に過去ベアファミリーとP-Vineでリリース済みの音源が確認出来るという記事がありました。全部ではなく、その既発音源もこちらではフェイドアウトせずに完全収録してあるとか、はしょられていた長いイントロ部分が再現されている等々、ファンには溜飲が下がる嬉しい事実も確認出来たとのこと。そのことはともかく今回のリリース元の資料ではこれらは1975年ドイツ、ハンブルグのオンケル・ポーという有名クラブで収録された音源だとのこと。この75年収録という要素がファンにはたまらないファクターで、その時期がフレディの絶頂期であったことに加えて翌1976年には40才そこそこの若さで没してしまう故、これら最高のパフォーマンスが残されたCDが大変に少ないことも事実なのです。実際耳で聴く限りここにあるパフォーマンスは全曲が文句なしの絶品トラックばかり、思うに仮にこれら全曲が初出ではなかったとしてもこのアルバムの価値は不動だと改めて強調したいです。それくらいここに収録されたフレディはファンには目の幅涙の全21tracksなのです。多くは語らずDisc1-#3.the Moon is Risingを聴いて頂くだけで、もはやこの盤を素通り出来ないご自身に貴方は気づくはず。
2015輸入盤国内仕様 BSMF-2470
★★★★★

RSOでの第二作、会心の吹き込み+生前最後のリリースという重み
Freddie King Larger than Life CD \2,380+
シェルター以降のフレディはその強烈なファンキーさとロック色で一際印象に残る時期ですが、このアルバムはあの"Burglar"で全世界を震撼させた翌年1975年の作。ここにはクラプトンもブライアン・オーガーも居ませんがだからこそのフレディ度100%の音が炸裂しているもう一枚の名盤。このような絶頂期に心臓病で翌年に他界するとは想像もつきませんが、フレディが残した"Have YouEver Loved Woman"では私はこのバージョンが一番好きです。ギターの音も理想的な歪み具合、まさにベストパフォーマンス!
2003 UK BGO BGOCD-593
★★★★☆
(収録棚 CD-15 stock3)

文句無しフレディの最高傑作映像!!!!
Freddie King The!!!! Beat 1966 DVD (Out of Stock)
TVショー The !!!! Beat,1966より収録
1.Funny Bone 2.Have You Ever Loved A Woman
3.San-Ho-Zay 4.I'm Tore Down 5.Hide Away
6.I Love The Woman 7.Papa's Got A Brand New Bag
8.See See Baby 9.Sitting On The Boatdock
10.Shuffle 11.She Put The Whammy On Me
12.San-Ho-Zay 13.Funny Bone 14.Hide Away
おまけ映像 Sweden,1973 より
15.Have You Ever Loved A Woman
16.Blues Band Shuffele
17.Big Leged Woman
フレディの映像の中でも究極のコレクションがこれ!
若かりしゲイトマウスの客演も得てはつらつと弾きまくっています。
当時のTVショーにお馴染みのゴーゴー・ガールズもセクシー!!

収録時間60分
2001 USA Vestapol 13014-DVD *日本製の機器で通常に再生可能な商品です。
★★★★★