appleJam特選 NewOrleans'Sounds
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

2012
ジョージ・ポーターJr.(George Porter Jr.)
若いとき吹き込んだ曲で、お気に入りなのに一度もライヴで演奏しなかったミーターズ時代の曲を再演
George Porter Jr. and Runnin' Pardners Can't Beat The Funk! (Out of Stock)
かつて1968年から72年の間に、ミーターズとしてレコーディングされたものの、
ステージでは過去一度も演奏されたことがないという曲から、ポーターJr.のお
気に入りばかりをフィーチャーしたユニークな作品です。ここでのギターはお馴
染みの Brint Anderson。そしてまた本作で初めて知った凄い才能!ニュー
オリンズ・ネイティヴの若手サックス奏者Khris Royal のシュアーかつ濃厚な
プレイにもすっかり魅了されてしまいます。サックスは7才から吹き始めたそう
でこれから先がとても楽しみ、ドナルド・ハリソンをゲストに迎えた自身のリー
ダー作も出しているようなので次回に是非導入しようと思っています。試聴は
#1.Go for Yourself #3.Grass #4.Britches をどうぞ。本作は部分試聴
では伝わらない全体感が大きいので、是非アルバム丸ごとお楽しみ下さいますように。

2011 USA Independent
★★★★☆

如何にもポーターJr.らしい優しさに溢れたジェントリーにファンキーなマルチ・ゲスト・アルバム
George Porter Jr. It's Life CD (Out of Stock)
セットごとに様々なメンバーが入れ替わっているという何とも多彩で多面的
な顔を持つアルバムです。恐らくはポーターのひとつひとつのアイデアを、メン
バーごとにスタジオで丹念に打ち合わせしつつ構築していった・・・ここにはそ
んな緻密な作業を積み重ねていった録音があるのかも知れません。ギタリス
トだけとってみてもブライアン・ストルツとトニー・ホールは一曲で顔を合わせ、
一曲参加している潤史さんはルイジアナ出身の注目の若手Joe Starkと一緒
という具合。ベタで通して共演している人同士が少ないのが特徴です。そのこ
とはともかく例えば#10.の一曲だけとっても、これが単なるセッション・アルバ
ムでないことが直ぐに判ります。全曲が聞き所多々の実に奥深い作品です。

2007 USA Self Released CTV-4114
★★★★★