appleJam

ジーナ・フォーサイス(Gena Forsyth)
どちかかというとケイジャンものでジーナの名前を見る機会が多かったのですが、彼女自身は実はフロリダ出身で成長期はアラバマで過ごしたとのこと。その後ニューオリンズのロヨナ大学でヴァイオリンを学んだのがきっかけで1987年には南西ルイジアナに定住。その頃から全身がケイジャン漬けになるほどケイジャンミュージックに没頭したといいます。その80年代後半頃にはMamouとツアーに出たり録音したり、Bruce Daigrepontのアルバムにも参加と、目覚ましい活躍を始めました。さらには作詞作曲の面でも類い希なる才能を発揮、かつて暮らしたアラバマの街や自分自身の内面から社会風刺までを含めたそれら洞察力が高く評価されています。〜〜以上、2001年某月記

appleJam特選SSW
ご注文方法 / top page  このページは税抜表示です。

The Malvinasのページも見る

BluesWomenClub 2018  N.O. Club 2018 2018  対象会員様限定蔵出しリバイバル選盤
ケイジャンフィドラーだと思っていた人が実はギターを担いだシンガーソングライターでもあったと知った盤
Gina Forsyth You Are Here \2,850+税VERY LIMITED
アメリカン・フォーク界の層の厚さを感じるのは、まさにこういった人の存在を知ったとき。appleJamでは当初よりRounder系列の様々なFolky Peopleを追ってきていますが(※注)、このジーナはそれらとはちょっと異なるルイジアナの小レーベルWaterbugからリリースされたもの。特にローカル色を溶け込ませることはせず、あくまで彼女自身のキャラクターだけで作品づくりをしています。インディーズ作品の良さは実際に聴いた人だけが知る世界ながら、本作はいずれかならず口コミで拡がると信じています。コア(芯)のあるフォークだけが持つこの質感、人の温もりを内包したまさに人肌音楽と言えそうな歌です。(以上、2001年当時のままのコメント原文)
2001 USA Waterbug WBG-0050
★★★★☆

※注)ある時期を境にラウンダーが全く異なる人々によって運営されるようになって以降、直接取引は中断したままになっています。ほんとに残念です。

大地にそそぐ太陽とそよ風に捧げている感じのこれはまさに天然の人間ソング
Gina Forsyth Promised Land CD \2,850+税
約束の地(Promised Land)って、その人がもしユダヤ人だったら迷わずそれはイスラエルのことを意味しているのかと思いますが、ジーナのようにルイジアナのVatican Vaptisit Churchの看板の前
で「ここよ!」という感じで両手を大きく挙げている人の場合は一体何を意味しているのでしょうか。人生に迷ったらここに来なさいという感じで自分の一番好きな教会を指しているのでしょうか。う〜ん、もしどなたかチャンスがあったらジーナに聞いてみて欲しいです。btw、その#1.Promised Land を始め、前作同様特に地域性を感じさせない独自の世界観を構築。とはいえバックでそっと鳴るケイジャン・アコーディオンが絶妙。タイトルがもろ南部している#5.Sweet and Sunny Southでさえもアーバンなフォーク・テイスト。フィドルに持ち替えた#7.Sparrowで初めて従来のケイジャン色に染まったサウンドに。フィドルの弾き語りも実に絵になってます。個人的なお気に入りは#4.Christmas in Chinaでこの軽やかさが何とも言えない魅力です。
2012 USA Waterbug
★★★★☆
(収録棚 3)