appleJam特選 HarmonicaBlues
ご注文方法 / top page
下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

※参考情報 Eddie Taylor Jr.の2008年作品 I Got to Make This Money,Baby でも全編で大活躍しています。

BluesClub /新録!RareBluesClub
ハーモニカ・ハインズ(Harmonica Hinds
没頭することの楽しさ、一人でマルチのストリートパフォーマー・サウンドが渋い
Harmonica Hinds with Guitar If Speed Just a Thought CD \2,850tax in
コアファンの絶賛を頂いた08年盤から早くも4年も経っていたん
ですね。今作ではどうやらギターもハインズ自身が弾いている
模様で、でもそれが彼本来のスタイルです。シカゴのバディガイ
・レジェンドの常連で、ステージでは一人でハーモニカ+ギター+
タンバリンを同時にこなしているとのことで生ではきっと#14.Religion
のようなインパクトのあるインストも多くやりそう。#6.She はデルタ
ブルースのR.L.バーンサイドがオレにもやらせろと叫んで墓場から
飛び起きそうな感じのゆるクールなワンコードブギー。#12.Kick It
は忙しいビートとは反対にシンプルなテイストがナイスです。
やたら忙しい昨今、この手のほんわかブルースは何か忘れかけて
いた大切なモノを思い出させてくれる気がします。

2012 USA Independent  
★★★★☆

最高に心地良くしかも終始上品なタッチのモダン・シカゴ・ブルースに目の幅涙!
ココ・テイラーのグラミー受賞作"Earthshaker"のハーモニカ奏者でもありました

Harmonica Hinds Finally CD \3,300tax in
シカゴ最大のブルース・スポットの一つ、バディ・ガイ'ズ レジェンドの
常連パフォーマーとしても知られるハインズ。彼の大いなる特徴はギタ
ー、ハーモニカとタンバリンを一人でこなすというストリート・パフォーマ
ンス的な芸が最初に語られるところ。しかし今回はきっちりとしたシカゴ・
ブルース路線のバンド付!特にギターにエディー・テイラーJr.の参加は
彼のこの作品の価値を二乗倍にした感じ。全編が正統派というか王道
のシカゴ・ブルース路線、特に普段からシカゴ・ブルースにコアなおじさ
ま族は即死間違いなしデス。この作品のレビューは小出氏がいいかも。
#7.Imediaが多分ハインズ一人での普段のスタイルか、実に渋いです。

2008 USA Independent   bb's Recommendation 2008
★★★★★  

Harmonica Hinds - harp,guitar,tambourine
Eddi Taylor Jr - guitar
Tom Holland - guitar
Edward G McDaniel - bass
Kenneth Smith - drums