Hot8 Brass Band
実にフレッシュな感覚のブラスバンドで、何とあのロデリック・ポーリン(Roderick Paulin)が4曲で参加しています。メイシオの弟子といった感じのデビューが今も鮮烈に記憶にあるアルト吹きですが、6年ぶりに聴くポーリンの音!は何よりも嬉しい要素です。その破壊的なエネルギーをしたアンサンブルで強烈な個性を放つHot8、話題と人気が今後拡大するのは必至と思われます。 以上2005年某月記
〜〜 ハリケーン・カトリーナの被災後、殺人事件の多発が止まらないニューオリンズにおいてHOT8でスネアドラム担当だった Dinerral Shavers が不幸にも 17才の少年に銃撃され死亡していたというニュースを07年1月25日放送の米abcナイトラインで見てしまいました。現地の人々は画面で訴えていました…このまま無差別な殺人事件が止まらないとニューオリンズからアーティスト達が離れてしまう。そんなことになったらニューオリンズがニューオリンズでなくなってしまう…という悲痛な叫びでした。どうにかならないか、どうにかしないといけない、改めてそんな気にさせる事件でした。2007年1月記

appleJam特選 NewOrleans'BrassBand
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

New Orleans Club /
ホットであることがヴェリークールであることの証明、今回も文句なし熱血アンサンブルで迫ります
Hot8 Brass Band the Life & Times of... CD \2,850tax in
同じセカンドライン・リズムでも彼らのそれはもの凄く個性的なハジけ方をするのが特徴です。オリジナル・メンバーだったスネアドラムとパーカッション担当のDinerral Shavers を悲しい事件で欠いた後に入った Sammy Cyrus の活躍がこのバンドの新たなる明るい未来を予兆。#1.Stremin' Blues には彼らのそんな雰囲気が充満、不屈の精神で立ち上がるメンバーのやる気もビンビン感じ最高の幕開け。#4.New Orleans(After the City)にも感じる独特のリズムは、全員の放つ音が一粒一粒くっきりと独立して耳に届く感じが超リアル。まさに名は体を表す、史上最強のHOT8な集団です。トロイとシャマーがそれぞれ1曲ずつソロを吹いているのも嬉しい要素、一部ゲストは別として純粋に管楽器と打楽器だけのブラスバンドであることも特筆です。
2012 USA Tru Thoughts Recordings 262
★★★★☆

Bennie Pete - tuba
Gregory Veals - trombone
Raymond Williams - trumpet
Terrell Batiste - trumpet
Corey Payton - trombone
Wendell Stewart - saxophone
Harry Cook - brass drum
Sammy Cyrus - snare drum
Featuring:
Troy "Trombone" Shorty Andrews - trombone solo #2
Shamarr Allen - trumpet solo #3
Takashi Matsumura - guitar #5, 2
DwaynneFinny/Jerreau Fournett - trombones #3,6
Clarence Slaughter - #3, 6
John Gilbert - saxophone solo #1, 9, 5

アンサンブル・アレンジに他にない個性を感じる、強烈なブラスバンド
Hot8 Brass Band Rock With The Hot8 CD \2,850tax in
このホーンのかぶり方、今までのブラスバンドとひと味もふた味も違う気がします。きっと根本から従来のブラスバンド的イディオムは何処かに置いてきたに違いありません。そういや何となくリズムにはアフリカを感じますし、そのアンサンブル・アレンジには昔の60〜70年代のブラスロック的手法も感じます。最近ですとボノラマが何となく形にしてきた要素、それをこのHot8が下敷きにしているあるいは偶然同じ方向を向いた・・・そんな印象を受けます。いずれにしても他に二つとないこの個性、これからとっても貴重と感じます。
4曲でロデリック・ポーリン(sax)が聴けるのもヴェリー・ナイス!
2005 USA Louisiana Red Hot Records LRHR-1162
★★★★☆
(収納棚CD12)

Bennie "Big Peter" Pete - tuba, vocals
Dinerral "Dic" Shavers - snare drum, percussion, vocals
Harry "Swamp Thang" Cook - brass drum, vocals
Joseph "Shot Gun Joe" Williams - trombone, vocals
Alvarez "B.I.G. Al" Huntley - trumpet, vocals
Terrell "Burger" Batiste - trumpet, vocals
Raymond "Dr. Rackle" Williams - trumpet, vocals
Keith "Wolf" Anderson - trombone, vocals
Jerome "Bay Bay" Jones - trombone, vocals
Jerreau "Cousin" Fournett - trombone, vocals
Wendell "Cliff" Stewart - saxophone, vocals
Becky Lou - percussion
Honorary Members:
Herbert Stevens featured #5,6
Shamarr Allen - featured #5, 6
Maurice Curtis featured #6
Albert Davis featued #2, 4, 5, 6, 7, 8, 9
Rodrick Paul featured #1, 10, 12, 13