appleJam特選 Blues
ご注文方法 / top page  このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

BluesClub
有吉須美人の参加が目を引く重鎮バーンズ、72才はブルースではまだ壮年の入り口くらい若いと言っていいと思います。
Jimmy Burns It Ain't Right CD \2,480+
今回試聴用の音源を入手することが出来ずやむを得ず関連情報と余談で原稿を埋めたいと思います。関連情報として、青森の青年会議所から今夏も恒例のブルーフェスにバーンズを招聘した旨の連絡を貰っていました。7月24、25日の2Days 安潟ステージで催されたはずのこの東北恒例の最強ブルースフェストには同じく当店取り扱いのキャサリン・デイヴィスも出演した模様。他に山岸潤士、菊田俊介、有山じゅんじ、大久保初夏の名前もありました。俊さんや初夏ちゃんは以前浜松で私も共演させて頂いたことがあったので非常に懐かしい名前です。そのときの初夏ちゃんは小学生ドラマーでしたけど今はもうしっかりとした大人になっているはず。当店のマスコットになっていた(今もですが)キティちゃんのペアまねき猫の置物はそのとき初夏ちゃんからプレゼントで頂いたものでした、ありがとう♪ 小学生ブルースマンと言えばかつてパークタワーでボビー・ラッシュのステージで踊るダンサーたちを肴にボビーと私がお笑いトークで共演した恰好になった日、ゲストで来ていたのがブルースハープの千賀太郎クンでした。当夜ロビーでボビーと太郎クンと三人で撮った写真は今も家宝です。その彼ももちろん今は完璧な青年になっている由、時の経つのは速いものです。もとい、今回のバーンズは有吉須美人(p)の参加が特筆、シカゴたたき上げの大先輩と共演する我らが須美人さん、これは今年最高のブルース・ニュースだと感じています。
2015 USA Delmark DE-789
★★★★★

※実は後日別便でバーンズのサンプル盤が届いたのですがあえて上記コメントを書き換えることはせずこのまま掲載しておくことにしました。

淡々と、しかし確実に炉心部から燃焼している感じのブルース
Jimmy Burns Live at B.L.U.E.S. CD \2,680+
エディー・バーンズの弟として知られるジミー・バーンズはその活動の初期に若干のシングルをリリースしながらも、結婚を機に家庭生活を優先した暮らしを選択したといいます。シーンへの復帰は96年のデルマークからのデビューが最初のようですが、DVDのリリ−スは今回が初めてだと思います。淡々としたいぶし銀のパフォーマンスが売りですが後半の数曲ではスライド・チューンも連続します。一曲でゲスト参加しているジェシー・フォーチューンのスピリチュアルなブルースも嬉しい要素。CDにも絶対収録しておいて欲しかったと思うくらいメロウかつ軽快なインスト・ファンク・ブルース・チューン #11.とあと#7.はDVDだけのボーナス収録曲。実にハッピーな仕上がりがナイスです!
2007 USA Delmark DVD-1789
★★★★

Jimmy Burns - guitar,vocals,harmonica
Tony Palmer - guitar
Greg McDnald - bass
James Carter - drums

Special Guest - Jesse Fortune vocal on "Three O' Clock Blues"

淡々と、しかし確実に炉心部から燃焼している感じのブルース
Jimmy Burns Live at B.L.U.E.S. CD \2,480+
エディー・バーンズの弟として知られるジミー・バーンズはその活動の初期に若干のシングルをリリースしながらも、結婚を機に家庭生活を優先した暮らしを選択したといいます。シーンへの復帰は96年のデルマークからのデビューが最初のようで、今回の作品が通算四作目のアルバム。手堅くかつツボにハマるジミーのギターは大ベテランの風格が滲み出ている感じ、後半の数曲ではスライド・チューンが連続します。地味ながらも聴き応え充分のパフォーマンス。一曲でゲスト参加しているジェシー・フォーチューンのスピリチュアルなブルースも嬉しい要素。
2007 USA Delmark DE-789
★★★★

Jimmy Burns - guitar,vocals,harmonica
Tony Palmer - guitar
Greg McDnald - bass
James Carter - drums

Special Guest - Jesse Fortune vocal on "Three O' Clock Blues"