ジョン・リシ&デルタ・ファンク
ニューオリンズとバトンルージュで活動するギター・トリオ。曲によってホーンまたはオルガンが加わりますが、リゾネイターとエレキを上手く使い分けてドラマチックな構成を実現しています。各曲とも細部にアイデアが活かされていて、一曲一曲を練って仕上げているのが判ります。弾き倒し系のギタートリオとはそこがひと味違う三人組で、全体的にはロックっぽい作りですが軸足がしっかりブルースの上にあるので手応えは充分!ニューオリンズ・ローカルだからこそのユニークさと言えます。2004年某月記

appleJam特選 NewOrleans'Sounds
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

New Orleans Club 2017年度対象会員様限定盤
ニューオリンズ産だからこそのらせん的時空融合感がナイスなサウンド
John Lisi & Delta Funk! Shut the Front Door CD \2,850+税VERY LIMITED
ルイジアナ・レッド・ホットとはかつて直取引していた時機があったのでちょっと懐かしくなりました。今も元気で新作をリリースしていることを嬉しく感じます。特に2003年頃に頻繁にメールのやりとりをしていましたが、小口の取引をしたいというこちらの希望を即快諾していただけたことを記憶しています。当時から実に丁寧で内容の濃い作品を出す会社でしたけど本作もまた過去を通じてリシの最高傑作ではないかと思える仕上がり。#3Break in the Rainに象徴されていますがサウンドに奥行きが増し空間的な拡がりを如実に感じます。ピンクの髪をしたスペースガールなんていう曲もあるのですが、それなんか20世紀の時代に聴いた先鋭的なニューオリンズのフリージャズ・ユニットをちらっと思い出すニュアンスで思わず目が遠く細くなる瞬間。この人のイマジネーションはまだまだ異次元にも拡大しそう。
2016 USA Louisiana Red Hot Records
★★★★★

ファンクを土台に思いついたこと自由にやってみた感がナイスなプチ豪快な野心作
John Lisi & Delta Funk! Super-Most-Fantastic! CD (Out of Stock)
曲毎にとてもカラフルな味わいを出している、と思ったらそれもそのはず。全部で何種類のセットになったのかというくらい多様な顔ぶれで作った作品。今までも決して一箇所にじっとしているバンドではありませんが、今作では特に多様ということをメインテーマにしたかのようです。そんな中個人的には#7.Groove Thang と#9.Super-Most-Fantasticが印象深いのですが、2屯トラックと装甲車くらい雰囲気が異なる割には共通のシャーシーを使った二車種のような気もする2曲です。サスペンションの硬さが同じで乗り心地が同じになるというそんな感じに近い。比較では#9.でのドラマーの方が好きですがでも#7でのあっさりとしたマイク・ジトのギターもいい感じです。極めてユニーク!
2010 USA Blue Goat Records
★★★★☆

ジョン・リシとビリー・イウソーとそしてジョニー・サンソンが居ることの意味
Six Strings Down S/T CD (Out of Stock)
冒頭から炸裂する鉄拳ロッキン・ブルースの重量感!さらに以前から当店が注目しているアーティストが三人も居る等、思わずリキの入いる紹介に(笑)。ビリー・イウソーは自身のソロ作も出したばかり、リシと並んで今当店が最も注目している若手です。ブルースを巣材に構築した自らの音楽観を豪腕でぶつけてくるヘヴィな彼ら。ファンク的アプローチをしたフュージョン・ブルース#7.Inner City Bluesやファンキン・デルタ・ブルースに化けた#8.Snatch It Backにこのバンドの個性が滲んでいます。ギターソロは技巧よりイマジネーション優先で弾いている感じ、そこが魅力!
2008 USA Hot Tamale Records   bb's Recommendation 2008
★★★★☆

成長著しい若者たち、少し洗練されてきた感じもする点が印象的
John Lisi & Delta Funk! Dead Cat Bounce CD (Out of Stock)
強烈なインパクトでコアファンを開拓した全作から早三年。若者たちの成長には全く目を見張るといいますか、ここでは既に土臭さと同時に洗練もされた感じの気品さえ感じます。何かを掴んだことから得た自信がそのまま確信に変わったとでも言いますか、重たくはないけどずっしりとしたリズム、ロックなんだけど根っこにブルースとアメリカーナの成分がしっかりとあるのも大いなる特徴。一種サニー・ランドレス調のギター・ミュージックと言える部分も有り。
2007 USA 219Records TNR1013
★★★★★

ストリート系のように見えて実は緻密な計算もある、したたかな三人組
John Lisi & Delta Funk! Can Ya' Dig It?! CD (Out of Stock)
ラフ&タフな図太いエレキから、ダーティに歪んだリゾネイター・ギターまで様々なニュアンスのギタートーンを駆使する注目のギタリスト。シンプルなトリオ編成ながらも、各曲で見せるアレンジ面でのセンスがこのバンドの強み。それが彼らを並のバンドと区別している気がします。特に#7.Disconnectはアルバム中でもハイライト、楽想、リズム、ギターの音、それらすべてが上物の納豆のよう。香りも良ければ生き物のように糸を引く感じですくった箸に乗り移ってきます。変態レゲエの#13は途中でパターンを変えてサックスが登場する辺り初期のクライマックス・シカゴみたい。#14はトリオの真骨頂を発揮したハードなファンク!
2004 USA Blue Goat 64672
★★★★