ジョニー・ロウルズ (Johnny Rawls)
ロウルズ&ラケットでもお馴染み、ミシシッピー出身のディープなブルーズン・ソウル・シンガーです。最近はプロデューサーとしても多忙を極めていますが、まだまだ現役のシンガーとしての活動がメインの人。サウンドは典型的なサザンブルースで、コクのある歌には定評があり、90年代からの数年は英国のブルースレーベル JSP においてプロデューサーとしてアーティストとしてダブル・アクションの活躍をしてきました。前作"No Boundaries"は遂に本国テキサスのレーベルからの登場でしたが今回の2006年盤も本国はウイスコンシンからうぃっす渾身! の力作です。オヤジギャグで失礼しました。(以上は2006年某月に書きました)

彼の愛娘 Destini Rawls にもご注目下さいませ。

appleJam特選 Blues
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

新録!RareBluesClub
ジョニー・ロウルズ
作曲家としても抜群の魅力を感じるとことん素晴らしいソウル・シンガー

Johnny Rawls Soul Survivor  CD \2,850taxin
テキサスで録音された後にテネシー州スタントンヴィルで
ミックスダウン、そして仕上げ(マスタリング)も同じくメンフィス
で。そう思って聴くと余計にホーンセクションの響きに黄金時代
のメンフィス〜テネシー・サウンドを感じてゾクゾクっと来てしま
います。ド頭 #1.Soul Survivor から展開する極上グルーヴ感は
往時のHiサウンドの雰囲気満点、一方で甘く切ないラヴソング
#3.Eight Men,Four Women はロウルズのそもそもを感じさせる
ビタースイートなコーラス・グループのノリがちょっぴりと。
個人的にはラスト#10.Yes のシンプルかつ爽やかなタッチに、
もしオーティス・レディングが今も存命だったらきっとこの曲を
カバーしたいと思ったに違いないと感じて抜群にお気に入りに。

2012 USA Catfood Records  bb's Recommendation2012
★★★★★

新録!RareBluesClub
超渋に枯れてきた部分とメチャ×2若い部分と両方楽しめる凄い盤
Johnny Rawls Ace of Spades CD \2,850taxin
ゴキゲンなサザンもののブルーズン・ソウルほど聴いて
てじっとはしていられない音楽はない。これもまたウッと
かハッとか返しつつ、椅子に座った状態でさえ腰から下
も上も揺さぶってしまいそう。二管にキーボードと、あと
セットよってはフィドルも入る豪華な編成はそれぞれテ
キサスとモンタナのスタジオにて収録。テキサス編から
#2.Ace of Spades と モンタナ編の#9.Live for Today
を試聴用に置きますが、全曲が渋くかつ熱いです。

2009 USA Catfood Records  bb's Recommendation2010
★★★★☆
(収納棚CD5)

壮年の顔を持つ青年、今も若々しくハジまくる姿は基本的にアグレッシヴです
Johnny Rawls Heart & Soul CD (Out of Stock)
横揺れグルーヴ感満点のサザンソウル〜ブルースは
バックグラウンドで流れているだけでも最高ですが、
真っ正面から聴いたときやはりその真価を発揮する感じ。
今回特に新鮮に感じたのは#7や#9でのロックっぽい音作
り。中でもメンフィス・ソウルがレイドバックしたロックと合体
したかのような前者が一層若い響きをしています。ラスト
締めくくりは70年代AORにも通じる曲調で、ブルーアイド・
ソウルみたいな雰囲気が爽やかな余韻を残します。

2006 USA Deep South Soul Records Company
★★★★

ベテランが挑戦した、全方向にアグレッシヴな意欲を見せる新型サザン・ブルースの世界
Johnny Rawls and The Rays No Boundaries CD (Out of Stock)
P-vine輸入部の資料によれば、これこそがワシの最高傑作だ!と
ロウルズ本人が豪語したという、まさに注目の話題作、問題作、大
傑作!なのであります。実際今まで聴いたどのアルバムにもなかっ
た要素がここにはたっぷりあります。その要素とは、それがそこに
あって初めてそれまではそこにそれが無かったことに気付く要素。
おっと、持って回った言い方ですみません、その要素こそつまりは
「攻撃性」でありアグレッシヴなスピリット。今まではダンディでソウ
ルフルなおじさま、今回から非常に危ないセクシーなおじさまに変身。
貴方はどっちのロウルズがお好き?ヴォイスも実に若いです。

2005 USA Top Cat TCR-7052
★★★★

至福の境地へとサザンウインドに導かれるひととき
Johnny Rawls Get Up and Go 〜 The Best of JSP Years 2CD (Out of Stock)
最近は自己の活動と平行してJSPでのプロデューサーとしてもかなり
作品を輩出していますが、このアルバムは何と!嬉しいことに過去の
ロウルズのJSPでの作品からのベスト選曲で一枚と、彼が制作に携
わったJSPの一連のヒット作からの選曲の計2枚のディスクを一枚の
価格でリリースした画期的な盤です。DISC-Bはフロントがどんどん
変わりますが根底に流れるイメージはやはり一本筋の通った彼の色
あいが感じられて興味津々です。ロウルズ・ファンだけでなく、サザン
ものがお好きで色んな人のを聞きたいな〜という方にベストの一枚!

2002 UK JSP JSP-1101
★★★★★

サザン・ブルース〜ソウルの真骨頂発揮!ひたすら気持ちよいです
Johnny Rawls Put Your Trust in MeCD \2,850taxin
これこそがジョニーの決定盤になったかな、そんな気持ちに
させる素晴らしい出来映えとなっています。ゆったりと時が
流れつつもしっかりとしたグルーヴ感を与えてくれる、なんと
も嬉しいサウンド。歌もあのいつもの味わいで力みもせずそれ
でいて声量があるのはさすがです。分厚いホーン・セクション
とライトタッチのオルガンの絡みが気持ち良いです。#6でデュ
エットしているロウルズの娘Destini Rawlsの横揺れするこの
グルーヴ感こそサザン・ブルースの真骨頂!

2000 UK JSP JSPCD-2145
★★★★★
(収納棚CD5)

O.V.ライトの後継者と言われる所以、ここに有り
Johnny Rawls My Turn To Win CD (Out of Stock)
典型的なザザン・フィーリングが心地良い、ジョニーの
JSPでの3作目。といよりかはロウルズ&ラケットのロウ
ルズのソロ三作目と言った方がいいのかも知れません。
全体がほんわかムードで、ほんのりと幸せ気分に浸れ
ます。でもサザン物に共通する、激しいシャウトはしない
人で、あくまでもジェントルに淡々と唄います。鈴木啓志
氏がO.V.ライトの後継者として期待されている重要人物
でもあります。今後の活動からも目が離せません。

1999 UK JSP 2116
★★★★

地味だからこその真実味、その良さが判ると病みつきに
Johnny Rawls Lousiana Woman CD (Out of Stock)
比較的まろやかな音作りのサザン・ブルース。
派手さはないのですが聴き馴染むうちにじわ
じわっと良さが浸透してくる感じがします。実力
のある人だけに、こういう地味な作品でも着実
にファンを満足させられるのが強み。サザン物
がお好きな方は絶対買いの1枚です。何度も
同じ事書いていますが英国のこのJSP、目の
付け所が実にシャープ、ポイント突いてます。

1997 UK JSP 286
★★★★