appleJam特選 Blues
ご注文方法 / top page   このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

 2015年度対象会員様限定
地味なんだけど隅に置けないプチ・クールな盤、デトロイト・ブルースはとにかく個性が遺憾なく発揮されている作品が多いですね
Johnny Rhoades Waiting on the Sun CD \3,990(税抜) VERY LIMITED
本来はデトロイト・ブルースに括られる作品ながらあえて当店ではこれをこっちのコースの倶楽部選盤として展開することにしました。その理由は冒頭#1.Two Way Streetをお聴き頂ければ雰囲気的に判って頂けるかと思います。作品中、個人的なホットスポットは#8.Summer Magicで、ここで展開されるジョニーのギターソロにはぞっこん萌えまくる次第。このタメ感、この適度な切れ味、この軽妙なえぐり感のすべてがジャスピン状態になりました。加えて続くオルガン・ソロがまた抜群、70年代CTIサウンドで聴くギターとオルガンを彷彿としてしまいます。ジョージ・ベンソンのジェントルレインなんかを当時ビョーキになるほど聴きまくった記憶が甦ります。ラストをロバジョン・チューンの#10.Walkin' Bluesで締めくくるセンスも好感度抜群♪です。
2014 USA Independent
★★★★☆