appleJam特選 Jazz
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

/New Orleans Club
半世紀を経て今超リアルに響く打楽器群、根源的なリズムは地球部族の共通言語だと改めて
V.A. Jukebox Mambo CD \2,500tax in
ユニークなニューオリンズ・サウンドと変態ジャズが大好きというお客様から入魂の大推薦を頂いたのがこの盤で、聴いて直ぐに感じたのが全編に漂うルイジアナ・テイストのスワンプ・フィーリング。ルンバにマンボにアフロ=ラテンという切り口の49年〜60年代音源の中にこれほどまでガンボスープっぽい濃厚な録音があったのかと今更ながら。それを見つけて発掘するのが英国勢というところも如何にもですが。Gerald Wilson の#10.Mambo Mexicanや Cozy Coleの#20.Cozy and Bossa なんかは半世紀を経て逆に今超リアルな響き。特に#20は中間部の打楽器群も含めてマルディグラのシーンにそのまま使えそうな雰囲気をしています。 個人的にはJoe Locoの#22.Why Don't You Do Right を無性にアーマ・トーマスの歌で聴いてみたくなりました。パーシー・メイフィールドが一曲収録してあるのが意外ながらも全く違和感がないのがまた乙(おつ)な選曲。ちなみにMexicanな変態ジャズで最高峰との評価を頂いたTino Contrerasもお見逃しなく!
2013 UK Jazzman Records
★★★★☆