appleJam特選 Blues
ご注文方法 / top page   このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

BluesClub 2018
Keith Stone  Blues with a Taste of New Orleans CD \5,000税込
2015年盤 "the Prodigal Returns" が主に Blues Club と 類似穴倶楽部 のお客様にどストライクで命中した感のご感想を頂いていた、そのキース・ストーンが今度は文字通りニューオリンズ・テイストのブルースというアルバムを放ってきました。ギターに感じるちょっぴりのテキサスブルース・フレイバーも合わさり格段に魅力的なブルースチューンが炸裂。まさに私が初めてBlues Clubを始めたときお客様にお届けしようと思っていたイメージそのまんまのブルースがここにはてんこ盛り。久しぶりに使う、ちょー嬉しい!チョー気持ちいい♪サウンドを目一杯ご堪能下さいませ。
2018 USA Independent
★★★★★

Keith Stone the Prodigal Returns CD (Out of Stock)
#3.First Loveでも感じるこの実直さ、オレはブルースが好きなんだというのが直球で解るトラックで一杯の作品。感触的にはレイヴォーン風味のテキサス・ブルースも感じるものの録音場所となった三カ所のスタジオのロケーションはいずれもニューオリンズとバトンルージュであることが記されています。加えて特有のシンコペーションをした8/6チューン#6.New Orleans Moonlightなんかを聴くと彼らの愛着の方向性は明らか。個人的には、かつてバンドをやっていた頃なら確実にコピーして演ってる気がする#7.Time to Move Onがお気に入りに。真後ろでこんな風にバスドラが鳴ると自然とハイになるのは必至、 ギター弾き冥利に尽きるというものです。
2015 USA Independent
★★★★☆