ザ・キングビーズ(The Kingbees)
スウェーデンの誇りとも言える欧州最強のブルースバンド、Bluebirdsに長く在籍したピアニスト。当時の相棒パトリックと共にバンドを世界的なスケールに押し上げた立て役者の一人ですが、その後2002年にバンドを脱退し新たにこのKingbbesを結成、遂にそのデビューアルバムが登場しました。路線的にはR&R色をより強く打ち出し、ホーンも入ったスケールの大きいサウンド、新たなこのバンドでは誰に何の気兼ねもなくやりたいことをやるぞといった意気込みも感じます。



ご注文方法 / top page   このページは税抜表示です。
ブルーバーズから単身分離したエリクソンの新たなる旅立ち
The Kingbees Big Boys 'N' Pink Ladies
CD \3,800(税抜)
エリクソンが長く在籍していたバンド、ブルーバーズはそのサウンドの根幹がロカビリーであるとはいえ、また同時にそこにはストレートなブルースからザディコまでもありといった、実に多面的な顔を見せるバンドでした。一方このエリクソンは、そんな中一発で彼と判るロカビリアンなピアノと歌が特徴、ここで初めて彼は思う存分にその個性を爆発させた気がします。まずはこれが彼にとって新天地に築いた橋頭堡、守備を固めた次にくるもの大いに期待したいです。
2004 Sweden Out of Time Music/Last Buzz BUZZ-8038
★★★★