LIl' Nathan (Ex.Nathan Williams,jr.)
ご存じ、ネイザン&ザディコ・チャチャズのネイザン・ウイリアムスのジュニアで、まだあどけなさの残るフェイスながら典型的な新世代ザディコでがつんと迫ってきます。カッコいい自前のバンドにはバンドにはウィリアムス姓が三人いるのでやはり彼らもファミリー・バンドのような気がします。いずれは専門誌で話題になること確実!クリスやショーンに並ぶ近未来のザディコ界を背負って立つ逸材とみました。〜〜と書いていたのが2002年某月のこと。その日から10年余が経過した今ネイザンは既に25歳の青年に、音の方も毎回チャレンジを重ねつつ確実に自分自身のスタイルを築いてきました。文句なし将来が最も有望なザディコボーイの一人だと感じます。2012年6月26日記

appleJam特選Zydeco
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。


リル・ネイザン(リル・ネイサン)
Lil' Nathan the Zydeco Big Timers Big Timer Nation Go Hard or Go Home CD \2,850tax in
2002年のソロ・デビュー作から早くも10年余、現在25歳になったリル・ネイザン。かねてより
爆裂級のクール・ザディコだと感じていましたが、本作ではその印象が益々強くなってきまし
た。前作09年作では新旧のスタイルに架け橋を渡した感じもありましたが、今回は全編ニュー・
スクールの先端を行く感じ。新しい路を切り開くことでは誰にも負けていないJ Paul Jr.もゲスト
参加、#16.Epidemix Remix で実にナチュラルな共演をしています。もろヒップホップ調になる
ゲストのLevel参加のInnovator Remix は#17.Innovator Remix Zydeco Version
#18..Innovator Remix Hip Hop Version の2タイプが置いてあるのも興味深いです。
成長と共に常に新しいことにチャレンジするネイザンの、まさにGo Hard か あるいは
Go Home なのか、ザディコの明日を問う熱血作という印象を受けました。

2012 USA Cha Cha Records
★★★★☆

Nathan J. Williams, Jr. - accordion, keys, synths, lead/background vocals, rubboard, drums
Naylan M. Williams - drums
Isiah D. Williams - rubboard
Dennis Paul Williams - guitar
Brandon Miller - drums
Michael Broussard - bass, guitar
Wayne 'Lil' Wayne Singleton - guitar
Cecil Green - programmer, keys
Chris Stafford - guitar
Special Guests:
Level
J Paul Jr.
Tuck
Chris Stafford


New Skool編、Old Skool編とそしてR&B編とで構成した時代の架け橋的三色ザディコ
Lil' Nathan  the Zydeco Big Timers the Aoutnomous ; Fit for Survival CD \2,850tax in
ネイザン・ファミリーから今作への参加が初デビューになる16歳の妹、ナタリーも
参加した2009年の作品で、今回特にペダル・スチール・ギターもこだわりの編成
になった模様です。そのペダル〜参加の2曲、ケイジャンバンドで聴くペダルとは
はっきりと趣が異なり、付かず離れずというよりかはしっかり自己主張しているよう
に聞こえます。さらには流れる感じのライン取りをしたペダルと対照的なのがデニス
のひっかきギター、このコントラストはこのバンドの特徴のひとつになりそうですが、
#11.Dilemmaでその辺り体感して頂けることと思います。店主的には#8.Pursuit
Of Happyness
がお気に入り、一度えぐってから空中浮遊する感じの歌い回しが
やけにフィットしてきます。ブルージーなギターもプリティです。

2009 USA Cha Cha Records
★★★★☆

Nathan Williams Jr. - accordion, organ, piano, wurlitzer synth lead, strings, lead/background vocals, drums
Isiah "Sanchez" Williams - rubboard
Dennis Paul Williams - lead/rhythm guitar
George "Lil Russell" Gordon - drums
Junius "Jun" Antoine - bass
Naylan Williams - drums #10, 12
Nathalie Williams - lead/backgroun vocals #15
Tucka " The Young Man" - rapper #16
Richard Comeaux - pedal steel guitar #11. 12
Cecil Green - beat, wurlitzer, pads, organ, bass
Julian "White Chocolate" Primeaux - rhythm guitar #15, 16
Jay-Pray-Jean - drums #15, 16

1. All Eyes On Me (5:10)
2. Dead Wrong (5:11)
3. Fit For Survival (3:57)
4. "A" Game (4:06)
5. Will I Ever Be Good Enough (4:24)
6. Chere Petite (4:53)
7. Private Phone Call (4:47)
8. Pursuit Of Happyness (4:37)
9. Quande La Misique Est Bonne (4:26)
10. Mo Gain Les Bons Doigts (4:58)
11. Dilemma (5:48)
12. Could've Would've Should've (4:44)
13. B.A.B.Y.B.O.Y.
14. The Role Of A Man (3:34)
15. What Did I Do Wrong (remix) (4:23)
16. That L'Argent (remix) (5:43)

リル・ネイザン、この人もまた次世代ザディコの「三国志」を鮮やかに彩る若武者
Lil' Nathan  the Zydeco Big Timers Doin' It Big Time CD \2,850tax in
早くも青年の風貌に変化していること、重量感のある音と併せて
存在感をずっしりと感じてしまいます。五感にとても快適なビート
で繰り広げられるネイザン・ジュニアのザディコ、首都圏の歩行者
天国で一度フル・ヴォリュームで鳴らしてみたいものです。そしたら
きっと映画「ブルース・ブラザーズ」で見たストリートのような状態
が東京でも再現されるかも(笑)。ともかくこんなにヒップでカッコい
い音楽は他にないと思わせる、爆裂級のクール・ザディコです。
店主最大のお気に入りは#4.We Are Goin' to the Zydeco
彼は耳に「サディコ」と歌う時もある一人なんですね。

USA 2007  Cha Cha Records  bb's Recommendation2009
★★★★★

Nathan "Baby Boy" Williams, Jr. - accordion, organ, piano, lead/background vocals
Isiah "Sanchez" Williams - rubboard
Dennis Paul Williams - lead/acoustic guitars
Julian "White Chocolate" Primeaux - rhythm guitar
Junius "Jun" Antoine - bass
Jay-Pray-Jean - drums, percussion
Honoralbe Mention - Naylan Williams - drums, washboard

1. Doin' It Big Time! (3:59)
2. I'm Free (5:15)
3. What Did I Do Wrong (4:28)
4. We're Going To The Zydeco (4:02)
5. My Squeezebox (4:24)
6. That L'argent (4:56)
7. Not Tonight (3:45)
8. Big Timers' Anthem (3:12)
9. Charge It To The Game (3:59)
10. How You Feel Tonight? (4:45)
11. Get It Right (4:51)
12. Louisiana Is Zydeco Country (3:12)
13. Hangover (3:35)
14. If I (4:40)
15. CITTG Remix (4:17)

続々とシーンに登場するネクストなザディコ・ボーイたち、このリル・ネイザンもこれが勝負作!
Lil' Nathan  the Zydeco Big Timers Zydeco Ballin' CD \2,850
tax in
冒頭からヒップホップ感覚ハジケる活きの良い音に思わず嬉しくなりました。かなり
クリス・アルドウィンに近いサウンドをしていますが、こっちのバンドの方がリズム隊が
賑やか。ベースのファンキー度も高くブライトなドラムと相まって輝度の高い照明に
包まれているような気分がしてきます。高揚感も結構あって元気ブリブリ。三種類の
アコーディオンを弾き分けているのが写真からも音からも判りますがそれぞれはっき
り音が違うのでかなり楽しめます。個人的にはテックスメックスでもよく耳にする#7、
8辺りのアコで聴く従来型のパターンの曲とケイジャンでもよく耳にする#9辺りのサ
ウンドが心地よいです。新型ザディコはどうやら鍵盤型の大きいアコで主にやっます
がこの明るくかつデカイ音がとてもマッチするのでしょうね。かなり有望な存在!!

2002 Mardi Gras Records
★★★★

Nathan Williams, Jr. - single/triple row piano accordions, lead vocals
Dennis Paul Williams - lead/rhythm guitars
Isaiah Williams - rubboard
Djuan Francis - drums
Robert LeBlanc - bass
Stanley Dural - all keyboards
Nathan Williams, Sr. - vocals #4

1. Ballin' On Zydeco (6:22)
2. Where The Zydeco At? (5:48)
3. Billy Goat (3:56)
4. I'm Coming Home (6:46)
5. Bounce With It! (3:13)
6. Triple Row Experiment (2:51)
7. Why You Wanna Make Poor Cha Cha Cry? (3:47)
8. Louisiana Boy (4:02)
9. Everybody Get Ready (5:19)
10. Can Forgive But Can't Forget (4:00)
11. Bad Dogs (6:43)
12. Bounce With It! (Party Mix) (3:12)