appleJam特選SoulMusic
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

Americana Club /Jewel Jazz Club
実にレア&ロウ、60年代オハイオのプエルトリカン達は時代の先端に居た!
Los Nombres Panthers CD \2,250tax in
2012USA Numero 43009
★★★★★
収録棚 新譜棚

プエルトリカンとラテン・ミュージックといえば過去ウィリー・コロンといった
ニューヨーク生まれの巨匠やプエルトリコからニューヨークに移民した人々
の音楽がメインに語られてきた気がするのですが、このノンブレスの人た
ちはオハイオ発のプエルトリカンによるラテン・ソウル&ファンク・ミュージック
なのが特徴。一説によれば彼らこそが西海岸やニューヨークにそのラテン
音楽の影響をもたらした震源地なのだとのこと。そのことはともかく例えば
メジャーデビュー前の初期のサンタナが彼らを知らなかったなんてことは
あり得なさそうな類似点等、ここにある音の端々にはあちこちハッとする
新鮮さが溢れています。#3.Cold Wine なんかサンタナ1stの曲に混ぜて
も違和感はゼロ。#4.Todosはサンタナ2ndに混ぜてもきっと違和感はゼロ。
#7.Trivialitiesはサンタナ弟ホルヘのマロに混ぜても違和感はゼロ。
ということでいやとにかくこれは今聴いてもぶっ飛ぶくらい【e】のダ。
ハードカバーの中にメンバーの写真をあしらったブックレットがありますが
これはきっとLPのジャケットではなく、というか恐らく当時彼らはアルバム
なんて出してはいなくて、本作はきっとシングル音源を集めた発掘盤に
違いないと感じています。詳細不明なのでこれはあくまで想像ですが。