ラッキー57(Lucky57)
これもCatamount取り扱いの一作品。典型的なカントリー・ロック・サウンドと程良い躍動感はこのバンドの最大の強みと思います。アコギとエレキのマッチングがベストなバランスで、とても聴きやすいキャッチーなサウンド。ところどころハードだった頃のニールヤングを思わせる瞬間もあったりで、この適度な歯ごたえは、今多くの方の求めている音に近いような気がします。

キャッチーなロック・サウンドに心地よく溶け込むスチールギター
Lucky57 / Lovely Melancholy \2,500tax in

何とも気持ちの良いサウンドをしたルーツィーなロックバンド。
ゆったりしたウォーキング・テンポの中、程良いディストーショ
ンの効いたギターと耳に優しいヴォーカルとが理想的なバラ
ンスをしています。昔ながらのカントリー・ロックそのまんまの
フィーリングと、ちょっぴりニール・ヤング風の展開もあったり
するのが特徴。ちなみにこの"57"という数字を付けたバンドが
アメリカにはわんさかとあって、それは何故かという背景を探っ
てみたくなりました。それにしても最高に気持ちよい音!

2001 USA Looseground Music LG-00001


トップページ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。