appleJam特選NewOrleansSounds
ご注文方法 / top page   このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。


力強い躍動感でハネ回るニューオリンズの新鋭超パワフル・ブラスバンド、選曲センスにも注目です
Magic City To Be Continued CD \3,190(税抜)
#2.Wipe Me Down に代表されるように所々でアフリカンなイメージを強く発散するかなりパワフルなブラスバンドです。録音はニューオリンズでマスター制作は名古屋、日本人名前の人にも賛辞が記されていることから海を越えての協力があったことが判ります。今でもオシビサの1stと2ndが好きな私の場合、こういう荒々しい音を聴くと耳が勝手にアフリカの大地にワープしてしまうのですが、思うに彼ら自身が意図してそういう方向を狙っているというよりは集合体としてのサウンドが天然でそういうテイストになっている気がします。一番ユニークに感じたのはファンキーなモダン・ブルースの大定番#12.I'll Play the Blues for You のブラスバンド化や#7.Inner City Blues での強烈なエネルギーが半端でないこと。加えて、曲自体大好きな#10.St.Janes Infirmary での立体的なアンサンブルや力強いテナーサックスのソロにぐっときてしまいます。
2012 USA Blue Train Production
★★★★☆