Mary Broussard
メリー・ジェーン・ブルッサーの名でも知られるこの人こそ南西ルイジアナに於けるケイジャン音楽発祥の本家筋の人。メリー・ジェーンの叔父がかのボワセック・アルドウィンで、メリー・ジェーンの息子は既に類似穴倶楽部でお馴染みのT-ブルッサー(Super-T)という家系図になります。ということで名前だけは聞いていたメリー・ジェーンのこれは日本初導入盤となります。いずれもっと詳しく何らかの誌面でレビューされることを期待しつつショップ的にはまず何よりそのホットな音をお届けさせて頂きます。

appleJam特選  Zydeco
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

お馴染みSuper-Tのママ、実はケイジャンの元祖ボワセックの姪っ子にも当たります
Mary Broussard and Sweet La La Creole Royalty CD-R \2,850tax in
Maryという名は日本語ではマリー、メリー、メアリーと三種類の発音で表記
されることが多いですが、私の場合は原音に近いメァリーかなぁという線。
そのメァリーの息子 T-Broussard の作品を初めて導入したのは2003年の
ことでしたけど、その時に母メリー・ジェーンの存在を知り、いつか扱って
見たいと思っていました。女性のザディコ・パフォーマー自体が少数派の
中、生粋のクリオールとしてメァリーの存在は間違いなく一番星としての
輝きを放っていると思います。本作のプロデュースはT-Broussard、
#1.Mary Jane Hop と #2.La Robe Barreと序盤の流れを聴くだけで彼女
がどれだけナチュラルな魅力に溢れているかが通じることと思います。
D.L.メナールが大好きな私にはそれ風の#13.Bayou Pon Ponの陽気さ
がたまらなくくせになりそうです。今繰り返しこればかり聴いています。

2011 USA Independent    bb's Recommendation2011
★★★★★
(収納棚CD9)