appleJam特選 Blues
ご注文方法 /top page   このページは税抜表示です
下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

新録!RareBluesClub
マイティ・モ・ロジャース
彼もまた異才の一人、インディアナ州出身ながらメンフィス・サウンドに多きな影響を受け、L.A.で主に活躍するという
Mighty Mo Rodgers Mud'n Blood A Mississippi Blues Tale CD \2,400(税抜)
前作でも感じた、人々へ向けての観念的なメッセージが今回もビンビン発せられているとても深い作りのコンセプト・アルバム。大学時代に哲学の学位を取得したという経緯を知ってまさに腑に落ちた瞬間。ここではミシシッピ・ブルースを土台にあらゆる黒人音楽のスタイを取り込み、そこにちょっぴりの前衛を加えてあるのがみそ。個人的なお気に入りは仄かにレイドバックしたノリがナイスな#11.Juke Joint Jumpin' で、後半一端減速して曲が終わりそうな雰囲気のときに次々とかけ声がかかっり、しばしまたギアチェンジしてアクセルを踏み込む感じが多分演出とはいえ好い感じのアクセントになっています。ラス前の#16.Almost Homeは終始後ろでパーカッシブに鳴る控えめな打楽器?の音が個性となって実にプリミティヴな躍動感を生んでいます。アルバム全体繰り返し発せられるミシシッピへの感謝の念と賛辞がそのままブルースの故郷へと心の足が向く誘因なる、そんな秘められたパワーも感じる作品です。
2014 輸入盤国内仕様 BSMF-2433
★★★★☆

人類及び地球、そしてブルースの未来はワシが何とかするゾ…月面基地のラジオ・ステーションから
Mighty Mo Rodgers Dispatches from the Moon CD (Out of Stock)
非常に奇抜なアイデアに感じるかも知れないマイティのこのコンセプト・アルバム。ブルースが虐げられている地球から月へと避難した彼が、ブルースDJという形で月面から地球と交信するという設定。多分虐げられているのはブルースを象徴とした人間的でかつ非権力的なもの全てのことかと解釈しつつ、非核と平和を願う日本語のメッセージも登場する辺りにその願いを感じ取ることが出来そうです。 レゲエチューンの#4.Moonwalking on the Moon が私の場合最もお気に入りになりましたが、極めてメロウなギターが登場する#7.Blues Is a Woman Woe is a Woman やジェントリー・タッチのファンク#12.Continental Blues辺りがきっと彼の元々のスタイルなのかも。他にアフロ・ブルースやヒップホップ・ブルースもあってアルバム全編43分超があっという間です。
2010  bb's Recommendation2010
★★★★★