appleJam特選 NewOrleans'Treasure
ご注文方法 / top page  このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

BluesClub 2017年度会員様限定  蔵出しリバイバル選盤
ゲストKey奏者が加わってさらに変化を増したF.ミーターズ・トリオ
PBS featuring Page McConnell Moodoo  CD (Out of Stock)
強烈なワウワウ・カッティングが印象的なブライアン始め、この三人だからこそのニューオリンズ・ファンクネスが充満したライヴ盤。ヴァーモント州バーリントンのクラブ「メトロノーム」で収録されたこの作品、今回はゲストにペイジ・マッコーネルがkbで参加。2004年に活動休止した超人気ジャム・バンドながら消息筋情報では2009年3月に再結成ライヴを行う模様です。一足早く話題の中心人物をゲストに迎えたPBS、バティストのスティックの一振り一振りにも凄く熱が入っているのが判ります。#2.Coming At Ya のこのノリに全てが集約!
2008 USA High Steppin'
★★★★


パーソネル
George Porter Jr. - bass guitar, vocals
Russell Batiste Jr. - drums, vocals
Brian Stoltz - guitar, vocals
Featuring Special Guest:
Page McConnell - keyboards

ファンク軍団、今昔物語 〜 そしてミーターズの歴史は塗り替えられるのだ
PBS Expanding 〜 The Funkin' Univers CD (Out of Stock)
ポーターJr.とブライアン・ストルツとラッセル・バティストの3人が組んだ真新しいファンク集団。そのシャキシャキッとしたリズム、2Bの鉛筆でそのラインを一筆書き出来そうな明快な輪郭を持つサウンド。それらすべてがまさに新ニューオリンズ・ファンク・サウンドの幕開けなのだと思います。決して新人類ではない、大ベテランの三人が集まってそうなのですからそのことの意味は大きいかと感じます。ソニー・シモンズ等も出すOUW、もしやこの三人が共同経営者なのか、何時か確認してみたいです。
2005 USA OUW Records
★★★★

George Porter Jr. - bass, vocals
Russell Batiste Jr. - drums, vocals
Brian Stoltz - guitar, vocals, percussion