ppleJam特選 Blues
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

パーシー・ストローサー
50年代がいきなり蘇ったかのような渋いサウンド

Percy Strother Home at Last CD
(Out of Stock)
ここで聴かれる徹底したコテコテぶりなシカゴ・ブルースは、50〜60年代
のシカゴブルースへの情念が吹き出している気がします。1946年生まれ
ですから50年代シカゴ・ブルースの黄金時代にまだまだ幼い少年期だっ
た訳ですが、自らが成熟した今、こうして力一杯ブルースをやれる幸せを
彼は感じているに違いない。聴いててこんなに説得力と至福感にあふれ
た作品は珍しいです。ギターはオランダの実力派 Jan Mittendorpが参加
していて、それも作品のグレードをぐっと持ち上げた感じがします。ナチュ
ラルなトーンで渋くきめてるのがポイント高いです。

年度不詳 Holland Black & Tan BT-002
★★★★☆

ヴィンテージ・フレイバーも香る重量級サウンド
Percy Strother It's My Time CD
(Out of Stock)
育ったのはミシシッピですが、幼い頃からチェスをはじめとした
ヴィンテージ期のシカゴ・ブルースに傾倒していたらしい。ここで
はかなりモダンなスタイルのブルースが聴けますが、典型的な
サザンブルースも有ります。でも歌に往時のウルフやマディの
影が伺える気もします。ホーンが随所で効果的に使われていて
音的には結構分厚く特に#5Don't Let Your So Called なんかは
とてもソウルフルです。ほぼ全曲を自分で書いていますが、ソング
ライティングの才能も非凡なものを感じます。

1997 UK JSP 295
★★★★☆