appleJam特選  LouisianaTreasure - Cajun
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。


パインリーフ・ボーイズ
我が歌が心の故郷気持ちの拠り所、まさにそれが彼らのスピリット

Pine Leaf Boys Back Home CD \2,850tax in
本作からフィドルのセドリックとベースのブレイクが抜け、
新たにコートニー・グランジャーのフィドルとトーマス・デイ
ヴィッドのベースに交代したのが特筆事項です。新生パイ
ンリーフはしかし路線は微動だにせず、一貫したスピリット
が土台にある感じ。一日の仕事を終えたらあとは旨い酒と
楽しいダンスタイムが待っている、ここにはそんな時代の
古き良き伝統音楽で一杯。余りに忙しすぎる現代を生きる
現実と無性に心和む音楽と、人は絶対にバックホーム出
来る場所を持ってなあかんでぇと言われてる気分がします。
#2.Chere Cherieがまさに彼らを象徴した感の1曲。

2010 USA  Valcour Records
★★★★☆

Wilson Savoy - accordion, vocals
Courtney Granger - fiddle, vocals
Jon Bertrand - guitars
Thomas David - bass
Drew Simon - drums, triangle, vocals

日々の生活を楽しみ満足し、そして隣人や自分をもっと愛せよと言われている感じ
Pine Leaf Boys Blues De Musicien CD \2,850tax in
クリオールが必ずしもケイジャン・ピープルの中で育まれた
文化だけを指す言葉ではないことは頭では判りつつ、ここで
はクリオール=アカディアンという図式でこの音楽を受け止
めてよしと感じます。アメリカ南部とアフリカの大地がある事実
を元に繋がっているのと同様、彼らもまたノヴァスコシアへの
憧憬を胸に秘めたアメリカ南部の青年達なのかも知れません。
国家間の利権争いや戦争に翻弄されてきた人々の末裔
だけに今も心から平和を願うのもまた当然かと思います。
                      フィドルのCedric Watsonのソロ活動もナイス!ですよ。

2007 USA Arhoolie CD-535
★★★★★

Wilson Savoy - accordion, vocals, fidlle #2, grand piano #4
Blake Miller - bass
Cedric Watson - fiddle, vocals, accordion #2
Jon Bertrand - guitar
Drew Simon - drums, vocals

彼らもまたケイジャンとクリオールの伝統を今に受け継ぐ若者達
Pine Leaf Boys La Musique CD \2,850tax in
クリオールという言葉を辞書で引くと、単に植民地で
生まれた白人、その後地元の黒人との混血も多数生
まれた・・・などという四角四面な解説にぶち当たりま
すが、その主たる根源がフランス人の血にあることは
なんとなく判るといったところ。植民地に入ったフランス
人を起点に様々な人生や文化の発展が拡大したこと、
そんな歴史を想いつつ聴くケイジャン・クリオールの音
楽はそれ自体がひとつのメッセージソングという感じ。

2005 USA Arhoolie CD-520
★★★★★

Wilson Savoy - accordion, vocals #1, 4, 5, 7, 13, fiddle #8
Cedric Watson - fiddle, vocals #3, 7, 10, 12
Drew Simon - drums, vocals #2, 6, 9, 11, 14, guitar # 6, 9
Jon Bertrand - guitars
Blake Miller - bass, second-fiddle #2, 11
featuring Joel Savoy - pedal steet #2

パイン・リーフ・ボーイズ(Pine Leaf Boys)
色んなページを読んでも読んでもなかなか実態としてのイメージが掴みにくいのがクリオールと呼ばれる人々のこと。とはいうものの少なくともそこでそういう経緯で生まれた子供達が成人し結婚し、さらにまた自分たちの子孫を残していくという長いスパンでの営みの中では、それが結果として一つの原語圏や文化圏を構成していくのは至極当然のことだと想います。そしてそうやって形になった自分たちの文化を伝承し守ろうとするのも民族として当然の衝動かなと思います。そう思って聴くと彼らの奏でるケイジャンは同時に一方で生き様に照らしたメッセージソングにも聞こえてくるから不思議です。

クリオール(クレオールとも表記しますが)についてはネットにこんなページがありました。
http://www18.ocn.ne.jp/~dixie/cajun.htm
http://www.jca.apc.org/unicefclub/library/creole.htm