appleJam特選 Blues
ご注文方法 / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

リコ・マクファーランド(Rico Macfarland)
名脇役が遂にフロントに立った瞬間、誰よりも輝いたというデビュー作
Rico Mcfarland Tired of Being Alone CD \2,480
tax in
最近メキメキと頭角を現しているファンキー・ブルースマン、リコの初のリーダー
・アルバム。のっけからめちゃファンキーかつクールなファンク・チューンで大当
たりの感触充分ですが、このアルバムに参加してるゲストがまた恐ろしく豪華
です。オーティス・クレイ、シル・ジョンソン、シュガー・ブルー、ビリー・ブランチ、
カール・ウィザーズビー、チコ・バンクスにメルヴィン・テイラー他、これだけカー
ドを並べられたらリコは一体何処に?と思っちゃいますが、この凄い面子の中で
一番輝いているのが本人なので大したものです。最近の若手で文句無しNo.1
のギタリスト&シンガーです。

2001 EVIDENCE ECD-26113
★★★★★
(収納棚CD7)

Rico McFarland - Guitar, Vocals
Melvin Taylor - Guitar
Carl Weathersby - Guitar
Chico Banks - Guitar
Billy Branch - Harmonica, Vocals
Sugar Blue - Harmonica
Dan Bellini - Harmonica
Roosevelt Purifoy - Piano, Organ (Hammond)
Otis Clay - Vocals
Charles Hosch - Bass
Brady Williams - Drums