サム・ブルッサー(Sam Broussard)
最初にサムを意識したのはごく最近のことで、それは昨年(2003年)出た Steve Riley の"Bon Reve"というアルバムを聴いたときでした。時折ハッとするほどサニー・ランドレスに似た音に反応したのがきっかけだったのですが、ルイジアナ通の方に言わせるとサムの方がサニーより先輩格に当たるらしいです。聞きかじりなので自信はありませんが、とにかくそのことでこのサムがケイジャン・シーンのみならずもっとグローバルに重要な人物だと意識した次第です。で、サムのソロが出ていると伺って速攻で手配したのがこのアルバム。船便手配だったので入荷まで都合四ヶ月も要していますが、待った甲斐のあるそれも意外な内容に私は全く別な興味も彼に持つことになりました。その辺は下記のCDのコメントの方を参照して下さいね。

サニーランドレスとウインダムヒル系がニールヤングと合体したような世界
Sam Broussard / Geeks \2,663
tax in
まさかサムがケイジャン・シーンで(も)活躍しているギタリストとは想像も
付かない意外性のある作品。一聴ウインダムヒルを思わせるビューティフ
ルな響きをしたアコギと、時に初期のニールヤングを思わせるヴォイシング
は聴く物をハッとさせます。また時にはサニー・ランドレスかと思うエレキも
登場、とにかくそれら全ての要素がサムというロック・スピリット溢れるシン
ガー・ソングライターを構成している感じ。個人的には#4が最大のお気に入
りで、いきなりニールが "さざんま〜ん♪"と一緒に歌い出しそうな錯覚を
覚えます。アコギの音は比類のないほど美しく、単なるSSWではないことの
証明、小さなハコで生を観たくなる歌がてんこ盛りの素晴らしい作品です。

2000 USA Surface to Air Records 品番無し


トップページ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。