シェーン・テリオ (Shane Theriot)
ネヴィルブラザーズの"Valence Street"に参加していることでも知られているギタリストのシェーン。1970年ルイジアナの生まれで、9才でギターを始めハイスクール卒業後はロスの音楽学校に進み全ての学科を主席で卒業したという逸材です。キレの良いファンキーなカッティングとディストーションを効かせたハードドライヴィングなギターが真骨頂。かつてフュージョン全盛期に嵐のようにシーンを席巻したギター・インストものの、あの体臭を持つ男です。それは名だたる世界のギタリスト達のみならず、身近なところでは森園勝敏等があの時代にやっていたサウンドとスタイルに酷似した部分もあったりして嬉しくなります。それにしても70年代の日本のフュージョンは世界の先端を行っていたこと今更ながら痛感します。それはと0もかく、テリオの場合はさすがニューオリンズ色満点のアレンジも色濃くそのクールさには心底シビレます。テリオが最近プロデュースを担当して自らもギターを弾いている Theresa Andersson のアルバムも相当に面白いです。(以上は2004年某月に書きました)

appleJam特選 NewOrleans'Treasure
ご注文方法 / top page  このページは税抜表示です。



最後の1枚! Last One Special Sale
シェーン・テリオ
パーフェクト・ギター!という言葉が瞬時に浮かんでくる作品

Shane Theriot Dirty Power CD
\2,850\380+税 Last One Price
例えば完全インスト・チューンにおいて6本の弦で自分は何を表現するのか。ギタリストによってはまず何より自身の神がかった早弾きテクニックを披露する人もいれば、カッティング技術こそが自慢だという人もいるでしょう。でもファンとしては繰り返し聞きたくなる歌心がそこにないと最初の驚きがさめた時点でもうそのCDは聞かなくなります。しかしこのテリオの場合、文句なし三拍子+α揃った完全なるギタリストという手応え。試聴用には#2.Dirty Power とサニー入りの#5.Mr.EDを置きますが、全曲が素晴らしいこと圧巻です。
2009 USA Shose Records   bb's Recommendation2009
★★★★★
(収録棚 LasteOne棚)

#1
Shane Theriot - guitars
"Hutch" Hutchinson - bass
Johnny Neel - b3 organ
Jim Keltner - drums, percussion

#2
Shane Theriot - guitars, bass
David Torkanowsky - b3 organ
"Big" Sam Williams - trombone
Mark Braud - turmpet
Zigaboo Modeliste - drums

#3
Shane Theriot - guitars
"Hutch" Hutchinson - bass
Jim Keltner - drums, percussion

#4
Shane Theriot - guitar, percussion
"Big" Sam Williams - trombone
Mark Braud - trumpet
David Torkanowsky - b3 organ
Adam Nitti - bass
Doug Belote - drums

#5
Shane Theriot - guitars
"Hutch" Hutchinson - bass
Sonny Landreth - slide guitar, effects
Jim Keltner - drums, percussion

#6
Shane Theriot - guitars, bass, percussion
Roderick Paulin - sax
David Torkanowsky - b3 organ
Mark Braud - turmpet
"Zigaboo" Modeliste - drums

#7
Shane Theriot - guitars
Adam Nitti - bass
Johnny Neel - keys, voice, harmonica
Richie Hayward - drums
#8
Shane Theriot - guitars
"Zigaboo" Modeliste - drums

#9
Shane Theriot - guitars
Johnny Neel - keys
Kirk Josephn - sousaphone
Richie Haryward - drums

#10
Shane Theriot - guitars, percussion
Johnny Neel - wurlitzer
Kirk Josephn - sousaphone
Mark Braud - trumpet
Johnny Vidacovich - drums
Shane Theriot - guitars
David Torkanowsky - b3 organ
Mark Braud - turmpet
"Big" Sam Williams - trombone
Zigaboo Modeliste - drums
#1
Shane Theriot - guitars, bass, percussion
Roderick Paulin - sax
David Torkanowsky - b3 organ
Mark Braud - turmpet
Zigaboo Modeliste - drums

N.O.色を活かしたギター・インスト、ドラマーで変わる音にも注目
Shane Theriot The Grease Factor CD (Out of Stock)

実にファンキーで歯切れの良いカッティングと、気持ちよく乾いた
ディストーション・サウンドが強烈に響きます。全11曲が彼のオリ
ジナル、彼自身をちゃんと聴くのは初めてなのに、一曲一曲にな
んとも懐かしい時代性への郷愁を覚えるのは、恐らく根っこにか
つてのフュージョン・ギター・インスト全盛時代の体臭を感じるから
かなと思いました。とはいえN.O.色満点のアレンジに彼の特色を
感じます。バティステ、ヴィダコヴィッチをはじめ5人のドラマーが
入れ替わりますが、その音、リズムの変化も聴き所です。

2003 USA Shose Records 1970-66
★★★★☆
Shane Theriot
Johnny Vidacovich
Jeff Sipe
Victor Wooten
Adam Nitti
Johnny Neel
Jeff Coffin
Tony Hall
Michael Goods
Manny Yanes
Russell Batiste
Jim Roberts
Kirk Joseph
Doug Belote
David Johnson
Mark Mullins
Kiyoshi Tamai
Steve Conn
David Northrup