appleJam FunkyBluesWoman

ご注文方法
 / top page   このページは税抜表示です。
 
下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

2016年度対象コース会員様完全限定
BluesWomenClub  新録!RareBluesClub  New Orleans Club   
ほんのりテックスメックスの香りもする小粋な、しかしきっちりと日向の土の臭いがする音で一杯
Shelley King Building a Fire   CD \3,990+税VERY LIMITED
まずはじめに、この人は先にご紹介した Shelley King Fisher と同じ人なのかという疑問。パッケージの写真では髪の色がまるで違うこと、サングラスをしているしていないの違いから、見た目では別人と判断する方があっても不思議ではないかも。でも耳で聴く限りこの声は99%同じ人だと私は感じます。先のメンフィスタッチのブルースが今回は無く、どちらかというともろテキサス風のSSW路線で、アコーディオンが時々コンフントというかテックスメックスのそれっぽく感じることも有りです。思うにきっとこっちの方が彼女本来のスタイルで、前作はちょっとしたお遊びだったのかなと。それはともかくイントロ部分で思わずダグ・サームの顔が浮かんでしまう#3.the Ones You Don't See Coming や同じくかつてのトーネイドスを忍んでしまう #6.Lost In Youなんかを聴いていると今が21世紀だと言うことを完全に忘れてしまう瞬間。泣ける作品です。
2014 Independent
★★★★★

2015年〜2016年度対象コース会員様完全限定
新録!RareBluesClub  BluesWomenClub  
久々のメンフィス・タッチのブルースに思わず頬ずりしたくなる瞬間
Shelley King Fisher Original Songs from the Herbrew Hillbilly CD (Out of Stock) VERY LIMITED
どうやらこれは彼女の同名の独演ミュージカルを模して制作された一種架空のオリジナル・サウンドトラック・アルバムと解釈すればOKみたいで、パッケージを見開くとそこには本ミュージカルの公演ポスターのイラスト写真があった。私の思い違いでなければそのミュージカル公演を興行したつもりでそのCDだけ先に出したと考えれば腑に落ちるという次第です。で、耳を澄ますと全部普通の英語に聞こえるので何故に「ヘブライ語のヒルビリー集」なのかは不明ながら全曲が彼女のオリジナル・チューンで構成された力作。#7.Younger Manや#9.Finger Lickin' Good等、フェザー・タッチなメンフィス・テネシー調ブルースに萌え〜の気分♪ 生まれも育ちもメンフィスという人だからこそこのテイストが自然と身についているのかなと。全体にさらっとしたつくりながら、実際のステージで観たらこれは相当の迫力を感じそうです。
2014 Independent
★★★★☆