サウスサイド・スリム(a.k.a. ヘンリー・ハリス)
South Side Slim(a.k.a. Henry Harris)

ルイジアナの地に生まれながらも80年代初頭には西海岸に移住、長らくLAでブルースをパフォーマンスするうち今のようなサウンドに変化していったものと思います。このサウスサイド・スリム最大の特徴はこの時点で完璧に自分自身の歌、音、世界を構築済であること、パフォーマーとしてクリエイターとして自分自身のサウンドを持つことは大変な魅力であり強みだと感じます。

完璧ブラックロックともいえる、アーシーでフラワーエイジな幻影的サウンドが凄い
South Side Slim / Raising Hell \2,950tax in (Out of Stock 売り切れ)
エンジン・ノイズとクラクションのSEを効果的に使った3曲目「8 O'Clock in The Morning」
に彼の個性的な表現手法が集約されているような気がします。60年代末期を思わせる
フラワーミュージックっぽいギターと、ジミヘン風のワウワウギター、そこを縦横に縫ってい
くのが少年かと思うくらいあどけなさの残る声をした歌。この一種奇妙なアンバランスさが
結果として魅力のひとつになっています。それが曲によってはとってもジャジーなフュージ
ョンギターに変身、特に#5.Comin' to Your Houseで聴けるギタートーンは出色。曲毎にア
イデアが尽きない感じ、この瞬間このアルバムの時点で既に星は5個ですが、この人は
まだまだとんでもないことやってくれそうな期待感が大。先行きが非常に楽しみです。

2000 USA South Side Records - Independent Blues
★★★★★


トップページ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。