スタンリー・スミス (Stanley Smith)
大成功に終わったアサイラム・ストリート・スパンカーズの来日以降、益々注目を集めているのがこのスタンリー・スミス。持ち前の渋い喉とオールドタイムなフィーリングが満点のクラリネットは彼自身がグッド・オールド・アメリカン・ミュージックの代名詞のような存在。11才のときにマスターしたというウクレレとクラリネットを武器に現在まで40年間超のアクティブな活動をしてきたまさに筋金入りのパフォーマー。80年代後半からのもう一つの活動である Jazz Pharaohs も是非ご注目下さいませ。

Stanley Smith In The Land of The Dreams CD (Out of Stock)
何をもってGood American Musicと呼ぶのか、その答えがそのまま形になった
ような極上の作品です。貴方はTexas TrampetsやThe Hot Club of Cowtownと
いったオースチン周辺の優れたアメリカの才能を国内盤化して供給しているBuffalo
というレーベルをご存じでしょうか。そのBuffalo(バッファロー)の主催者ダグラス氏が
もっか来日を悲願としているグループ、アサイラム・ストリート・スパンカーズの主要メ
ンバーであるスタンリーがこの人。57才の今も瑞々しい感性で音楽をクリエイティヴ
しているクラリネット奏者にしてギタリスト、シンガー&ソングライターなのです。この
ソロ・アルバムにはありとあらゆるアメリカン・ルーツ・ミュージックのエッセンスが溶
け込んでいて、時にジャジーに時にブルージーな流離い人の歌が詰まっています。

2002 国内盤 Buffalo Records BUF-108
★★★★★

注)上記 CDのコメント作成時はまだ来日の話も無かった頃でした。

お申し込み方法