appleJam特選 GuitarPlayer
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する

Stefan Grrosman Thunder of the Run CD \2,500tax in
グロスマン1980年制作の意欲作。
オリジナルを中心に自分自身の
未開拓フィールドを探索した、
そんな感じの作りが特徴。
PCで開けるPDFファイルによる
TAB譜が付いたエンハンスドCD。



2009 輸入盤国内仕様 BSMF BSMF-4018

John Renbourn & Stefan Grrosman ST CD \2,500tax in
今までアナログ盤しかなかった貴重なアルバム
の初CD化。1978年リリースの、グロスマンと
レンボーン初のデュオ作品で、米英を代表する
フィンガピッカー二人のこの共演が、後の世に
与えた影響は計り知れないものがあります。
PCで開けるPDFによるTAB譜付きのエンハン
スドCD。収録の11を存分に聞いて弾いて、
そしてCDは家宝となる、そんな作品です。

2009 輸入盤国内仕様 BSMF BSMF-4018

ステファン・グロスマン
互いにリスペクトし合ったグレート・ギタリストたちとの超絶技巧的コラボレーション
Stefan Grrosman Friends Forever CD \2,500tax in
フィンガーピッカーを志す世界のギターファンが尊敬かつ愛して止まない
のがこの人、ステファン・グロスマン。発見した才能を次々自社レーベル
で世にデビューさせる傍ら、自身も沢山の教則本やビデオに録音を過去
残しています。この作品はそんな地道な彼の過去40年間の活動を集大成
するワンマン・コンピ盤。いずれも今は名だたるギタリストたちとの共演ば
かり。嬉しいことに共演者の一人は打田十紀夫氏で、他にもダック・ベイカ
ーはもとより隠れスライドの神様サム・ミッチェルも!タッチで一発でそれ
と判るロリー・ブロックは特に#16.Pony Bluesが涙もの。オジサンも30年は
聞いてるギタリスト。とにかくこれはもってなあきまへんでという一枚!

2008 輸入盤国内仕様 BSMF BSMF-4001
★★★★★

1967年制作の歴様的エレクトラ音源をリニューアルCD化
Rory Block & Stefan Grossman  Country Blues CD \2,500tax in
appleJam店主の私的掲示板、bb'sダイアリーでも話題にしたことがある、
ブルースの歴史的教則レコード"How to Play Blues Guitar"の生まれ変
わりがこのCD。嬉しいことに当時のアウトテイク2曲と、71年にサン・ハウ
スとロンドンで吹き込んだ2曲を追加収録!中でも#6,# 12はツアー中だっ
たサン・ハウスをロンドンのスタジオに招きレコーディングしたという大変
貴重な、奇跡の音源!と呼ばれるシロモノだとのこと。PDFファイルでTAB
譜をディスク内に収録しているのでPCで開く、プリントする等々、実践派へ
のサポート面も充実した初CD化です。これは持ってなあかんでの一枚。
ちなみに酒盛ススム氏の解説はどれもとても迫真的!で面白いですよ。

2008 輸入盤国内仕様 BSMF BSMF-4008

盟友ここに再び集う〜フォーク・ブルースの雄たちによる同窓会、2006年制作
Stefan Grossman,Danny Kalb,Steve Katz Played a Little Fiddle CD \2,500tax in
伝説と化したジャグ・バンド〜イーヴン・ダズン・ジャグ・バンドから、
アル・クーパーのブルース・プロジェクト及びブラッド・スウェット&ティ
アーズのメンバーとしてもシーンに名を残したロック・シーンのブル
ース・ヒーロー達とのこれは一種の同窓会的コラボ。アコースティッ
ク・ブルースの心髄を満喫することが出来る作りです。この作品の
解説は野木央氏、読み応え充分なだけでなく、大変判りやすくて
参考になる解説がありがたいです。国内盤化の意味と重みを実感。


2008 輸入盤国内仕様 BSMF BSMF-4009


ステファン・グロスマン
今は懐かしい話なのですが、当店が初めて産声を上げた1998年に最も最初の海外の取引先の一人がこのステファン・グロスマン氏でした。自分が立ち上げる店の棚を最初に飾るのにヴェスタポルのビデオほど自分自身が興奮する商材は他になかった!というのが動機で、果たして日本でそれがどれくらい売れるのかはやってみないと判りませんでした。そのことはともかく、200巻ものヴェスタポル・ビデオが海を越えて届いた日は武者震いと共に気持ちも燃えまくっていました(笑)。その後直ぐにそれまで音楽ファンとして十年来の付き合いがあったボストンのラウンダー社がヴェスタポル映像作品の取り扱いを開始したので、それ以降は商売でもラウンダー社のお世話になっていますけど、丁度メディアがビデオカセットからDVDに移行しつつある微妙な時期と重なったものの、見事にその200巻のビデオカセットはほとんどが完全消化するという快挙、つまりはそれだけのお客様からの反響があったという事実に、私はまさにグロスマン氏の仕事内容の濃さが産んだ結果だと感動したものです。今般国内のBSMF社がそのステファン・グロスマン氏監修の70年代音源CD化の作品群を連続してフォローするという、画期的な方針を打ち出しました。全国のアコギ愛好家はここからさ先のBSMF社の動きに目が離せなくなってしまいそうです。各CDのライナーも読み応え充分です!