T-Broussard (Super-T) T-ブルッサー
この人もまたクレオール(クリオールとも表記しますが)の血を引く家系に生まれ母親のMarry Jane Ardoin Broussard はトラディショナル・クレオール・アコーディオンをマスターした唯一の女性アコ弾きだとのこと。ライナー原文によれば彼の母メリージェーンの叔父に当たる人こそが南西ルイジアナ音楽の元祖ボワセック・アルドウィンということになります。つまりは彼らブルッサー親子もまたケイジャン・サラブレッドの家系だと言うことが出来ると思います。

appleJam特選  ZydecoMusic
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

ファンキーかつヒップなテイストも増したスーパーTの最新型ザディコ
Super T(T-Broussard) & the Zydecco Steppers Supert-T CD \2,850tax in
第三世代ザディコはシーン的には概ねこのブルッサーも取り組んでいる
スタイルが王道になるのかなと感じつつ、そうなるとこの同じ土俵で今後
個々に個性を光らせていくのは大変だという気がしています。そんな中、
ちょっぴりとあの「〜〜Heaven's Door」を思い出すキュートなオリジナル
#3.Knock Knock なんかに同世代の仲間達、クリスやカーリーともまた一
味違うブルッサーのザディコを見る思い。そんなT-ブルッサーが今作から
名前でも勝負をかけてきました。改名したその名もスーパーT!何と判り
やすい名前。若いことも今は武器、シャキシャキした溌剌系リズム
バックにシーンをどんどん牽引していって欲しいと思います。

2008 USA Self Released
★★★★

ヒーリング系ナチュラル・ザディコと勝手に名付けてしまいたくなるような音
T-Broussard & the Zydecco Steppers Zydeco Lover CD \2,850tax in
ザディコ特有のといいますか、ザディコだからこその楽しみのひとつに
その心地よい快適リズムがもたらす一種のトランス状態に身を置くひとと
き、それが私の場合は大きな要素を占めている気がします。一聴とてもシ
ンプルな二拍四拍の繰り返しでありながら、実はそこを縫うように複合的な
リズムが交錯していく様がまさに快感。例えばこの作品では#5.Zydeco Diva
でそういったリズム構造を楽しむことが出来ます。ベースとリズムギターとドラ
ムとアコーディオン、それぞれが固有の生き物としての呼吸をしている感じ。
簡単そうで実はとっても芸術的な領域かも知れないとよく感じます。

2007 USA Self Released
★★★★★


歌良し、アコ良し、リズム良し、 まさに三拍子揃った手堅いザディコ
T-Broussard & the Zydecco Steppers Knock Knock CD \2,850tax in
前作の延長線上にある音ですが心なし手堅さが増して
きた感じがします。今回もやはりリズム・ギターの気持ち
良さが印象深く、その歯切れ良さは確実にアルバムの
触感を極上のものに押し上げています。多分そのリズム
ギターがキース・フランクなのだと思います。あと今回は
#12、13の2曲で母メリー・ジェーンがアコーディオンと歌
で参加。いなたいフィーリングの歌がまた何とも言えな
い魅力です。地味ながらとても水準の高い仕上がり。

2006 USA Soul Wood Records
★★★★

流れはクリスの開拓した路線、でもそこに光るのがまさに彼自身の個性です
T-Broussard & the Zydecco Steppers Git It On-Git It On CD \2,850
tax in
何の予備知識無しにこれを聴かされても、きっと真っ先に印象に残るのは
輪郭のくっきりしたちょっぴり硬めのアコの音。それくらい彼のアコーディオ
ンは歯ごたえを感じます。さらに#5.Honky Tonk Zydecco等で聴ける、まる
でカリブ海系の響きをしたリズムギター、とにかく随所に個性が光る活きの
良いザディコです。ボワ・セック・アルドウィンと縁戚に当たる家系に生まれ、
母もトラディショナル・スタイルのアコ弾きだったことから環境的には相当整
っていたのだとは思いますけど、アルバム一枚隅々まで発散しているこの
魅力は彼自身のもの、そこが強みです。充実度も申し分無し!

2003 Soul Wood Records
★★★★