Theryl "Houseman" DeClouet

潤史にマーク・ペロ等が全面参加した新時代のニューオリンズ・ファンキー・ソウル
Theryl "Houseman" DeClouet / The Truth Iz Out CD \3,210
tax in
サザン・ソウル的な面とアーバン・ソウル的な面と、そしてさらには部分部分
で見せるちょっぴりのヒップホップとブラコン・テイストがナイスなこれはまさに
新時代のニューオリンズ・ファンキー・ソウル。このアルバムで初めてその名を
知ったハウスマンは、時に渋いオヤジ・ヴォイスで迫るシーンもあるソウル・シン
ガーながら、実体はかなり若い人なのではないかと想像。特筆は一発でそれと
判る山岸潤史の70年代型ソウルフル・ギターが全面的に活躍している点。多くの
ファンが血眼になって探している潤史のフュージョン〜ソウル・ジャズ時代の作品
群がもうじき紙鮭(紙ジャケ)で再発される今、21世紀のニューオリンズで活躍
中の潤史のこの瞬間の演奏と聞き比べるのもかなりオツな楽しみかと思います。

2007 USA New Orleans Independent
★★★★


トップページ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。