トレメ・ブラス・バンド(Treme Brass Band)
バンド・プロフィールの詳細が "New Orleans Music!"のライナーにジェリー・ブロックのペンで語られていますが、1830年代に誕生したニューオリンズのブラス・バンドの歴史の中でトレメBBが如何にジャズ・フューネラルや儀式・祭典などで演奏される伝統的なフォーマットを現代に継承しているバンドであるかを強調しているように読めました。単にエンタを超えて彼らはまさに街の人々の、そして地元音楽関係者全員の大きな誇りであることを強く感じます。そしてその気持ちと興奮は彼らを支持している日本の音楽ファンにもそのまま投影されていると感じます。

appleJam特選 NewOrleans'BrassBand
ご注文方法 / top page  このページは税抜き表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

トレメ・ブラスバンド
一音一音が腹の底に響く、まさに聖地で奏でられた原点の音
Treme Brass Band Treme Traditions CD (Out of Stock)
ニューオリンズ伝承音楽の聖地も聖地、伝説のトレメ地区の簡単な歴史は95年盤のコメントに書きましたけど、コンゴスクエアに立つとき特別な思いを抱く人々がこの世に居る限り、彼らトレメ・ブラスバンドを始め多くのパフォーマーが未来永劫にニューオリンズ・スピリットの原点を発信し続けるものと感じます。実際私達日本人でも旅で行った先で、路上やライヴ・ラウンジでもし彼らを観たら一発で自分もネイティヴ・ニューオリンズの一人だって気持ちがするに違いありません。ピアノ入りの曲があるのがいつも印象的ですが、本作では#6.Big Chief が色んなリズムの混ざり具合が特にゴキゲン。個人的にたまらくなく好きなのは#13.Jesus is On the Main Lineのようなタイプの曲。腹の底から熱源がこみ上げる感覚、まさにこの感覚をLift up My Soulと表現するのでしょうね。
2011 USA Mardi Grass Records   bb's Recommendation2011
★★★★☆

Benny Jones, Sr. - snare drum
Corey Henry - trombone
Uncle Lionel Batiste - bass drum
Roger Lewis - sax
Kenneth Terry - trumpet
Kirk Joseph - tuba
Shannon Powell - drums, percussion, vocals
Herlin Riley, Jr. - piano, drums
David Montana - Indian vocals, percussion
Fred Johnson, Jr. - Indian vocals, percussion

N.O. Club 2018蔵出しリバイバル選盤
エンタを超えて文化としてもアートとしても共に高い評価を得ているバンド過剰に洗練されていない木訥とした感がもう最高!泣けるブラスバンドです
Treme Brass Band New Orleans Music! CD \3,850+税
2008年3月にニューオリンズのワード・オブ・マウス・スタジオで収録された作品で、針を落とした瞬間から、ってこれはCDなのですがとにかくその瞬間からトレメ地区の賑やかなパレードのど真ん中に身を置いた気分がしてきます。その音のリアルさは破格のスケールで、中でも#9.Canal Street Bluesは目を開けていてさえも眩しいほどの青空と威風堂々行進中のバンドが眼前に見えてくるくらいです。#12.Amazing Graceで切々とシャウトするクラリネットと、それに続くマリのピアノの静かなるドラマ。マリさんのハートはなかなかにスピリチュアルだと感じます。
2008 USA Mardi Gras Record MG-1115   bb's Recommendation 2008 
★★★★★ 

Benny Jones, Sr. - leader, snare drum
Corey Henry - trombone
Uncle Lionel Batiste - bass drum, vocals
Khari Lee - tenor sax
Roger Lewis - alto/baritone sax
Bruce Brackman - clarinet
Eddie King, Jr. - trombone
Carl Leblanc - banjo
Kenneth Terry - trumpet, vocals
Julius Mckee - tuba

Special Guests
Shannon Powell - percussion
Herlin Riley - percussion
Mari Watanabe - piano

カーミットにカークに兄アンドリュースが名を連ねている95年のトレメBB
Treme Brass Band Gimmie My Money Back CD (Out of Stock)
トレメとはかつてはコンゴスクエアとして栄えた広場のあった地域の名前で、悪評高い都市再開発の下60年代にほとんどが取り壊され放置された跡に出来た、今はルイ・アームストロング公園のあるエリアを指しています。コンゴスクエアは今はその公園の中にあるのですが、かつて90年に私もそこに立ってニューオリンズの空気を目一杯吸ってきました。ここにも居るカーミット・ラフィンズやそのカーミットも在籍していたリバーズ・ブラスバンド等がこのトレメ地区出身。このトレメ盤の内4曲は95年のヘリテッジフェスの最中にLouisiana Music Factoryのインストア・ライヴとして収録された音源でとても生々しい迫力を感じます。他にJ.アンドリュースやカーク・ジョセフ等も参加している凄い盤!
1995 USA Arhoolie CD-417
★★★★

Benny Jones, Sr. - snare drum, leader
Lionel Batiste, Sr. - bass drum
Kirk Joseph - tuba
Corey Henry - trombone
Elliot Callier - tenor saxophone
Frederic Kemp - tenor, soprano sax
James Andrews - trumpet
Kermit Ruffins - trumpet
Additional Musicians include:
Jeffrey Hills - tuba
Frederick Sheppard - tenor sax