ウォッシュボード・チャズ
リズムさえあればボクたちはOKなのさって、そんなつぶやきが聞こえてきそう。しかも打つことで出すリズムではなくこすることで出す点がみそ。ニューオリンズの若手三人組で、リーダーのチャズはTin Menでも活躍していましたが、個人的にはそれ以上に04年盤から一貫しているアンディ・J・フォレストとクロス・リンクした作品作りに注目です。

appleJam特選 NewOrleans'Treasures
ご注文方法 / top page  このページは税抜表示です。

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

Andy J. Forest のページも見る。Palmetto Bug Stompersのページも見る。Jake Leg Stompers & Friendsのページも見る。

New Orleans Club /Americana Club 
本作ではギターがセントルイス・スリムなのが当店的にプラスαの注目点
Washboard Chaz Blues Trio On the Street CD \4,800(税抜)
もともとはニューヨーク出身のチャズながら当時から洗濯板で大活躍、その後
2000年にニューオリンズに移ってからは既にお馴染みの彼自身のトリオと
並行して濃いめの横繋がりもまた見逃せません。チャズのオフィシャル・サイト
のバイオを「翻訳ピカイチ2011」で一部訳したデフォルト文〜〜完璧な音楽家
とパフォーマとしての彼の評判−楽しいステージとともに、存在は彼に無数の
優れたチェックと広い人気をもたらしました。〜〜ということで渋くはミュージシ
ャンズ・ミュージシャンとしての評価と人気もまた抜群であることさらに実感。
アンディが歌う#4.Pick Yourself Up とチャズが歌うマンス・リプスカム・チュー
ン#9.Farewell Blues等、板とハーモニカの相性がほんとに抜群!です。

2010 USA Independent
★★★★☆
(収納棚CD9)
Washboard Chaz Leary - washboard, vocals
St. Louis Slim - guitar, background vocals, lead vocal #6
Andy J. Forest - harmonica, background vocals, lead vocal #4, 10
Special Guest: Roberto Luti - guitar #2, 8

Washboard Chaz と Steve Gardner の二人がフロントを固めた超強力作品
ネオ・ジャグとでも呼びたい新しい潮流を巻き起こしそうな魅力とパワーが有り

the Jake Leg Stompers & Friends Walkin' the Dog  CD \4,800(税抜)
破壊力のあるガードナーの迫撃砲弾ヴォイスと、ブンブン・ブカブカしたうねりが
心地よいアップライト・ベースとチューバのアンサンブル。それらが互いに好対照
を成す注目のジャグバンドです。さらにフロントの一人がW.チャズであることがより
一層の注目を集めそう。作品それ自体の仕上がりもヴェリーナイスなのに加えて、
ナチュラル系ハーモニカと管楽器群の織りなす新感覚ストンプの数々は、チャズの
絶妙のスパイスが溶け込むことでまさに最強ネオジャグ軍団と化した感じです。
#5.Midnight Special はまさにチャズが居るからこそ出る味わい。#7.Sitting On
Top Of The World
は途中チーン♪となる鐘が絶妙に曲を引き締めている感じ。
ラスト#13.Glory, Glory , Hallelujah は今まで聴いたカバーでこれがもう最高!

2009 USA  Hoo-Doo Records   bb's Recommendation2009
★★★★★

Washboard Chaz Leary - vocals #3, 4, 7; backing vocals, washboard
Steve Gardner - vocals #1, 2, 5, 6, 10, 12, harmonic slide - national steel guitar
Bill Steber/Jake Leg Stompers - vocals #8,9, 11, 13; banjo, ukulele, harmonica, steel/acoustic guitar, saw, backing vocals
Brandon Armstrong, Jake Leg Stompers - tuba, trombone, upright bass, steel/acoustic guitars, banjo, backing vocals
Bill Benfield - mandolin, slide steel/lead acoustic guitar
Hisa Nakase - upright bass, acoustic guitar, backing vocals
Rick Vitter - hand claps

1. Walkin' The Dog (4:13)
2. Ain't That Lovin' You Baby (2:30)
3. Diggin' My Potatoes (3:14)
4. Freight Train (3:39)
5. Midnight Special (3:14)
6. Jesus On The Mainline (2:52)
7. Sitting On Top Of The World (2:46)
8. Dark Town Strutter's Ball (2:49)
9. Bad Luck Blues (2:37)
10. Mean Old Frisco (3:02)
11. High Steppin' To New Orleans (2:36)
12. Help Me (3:07)
13. Glory, Glory , Hallelujah (3:59)

ハンドメイド感溢れるヒューマン・ミュージック。ドブロとハープと洗濯板でいざ勝負!
何とそのハーモニカがアンディに入れ替わっての新編成トリオになっています

Washboard Chaz Blues Trio Mix It Up  CD \4,800(税抜)
冒頭からいつもとは雰囲気が少し違うと思ったら、今回ハー
モニカがアンディJ.フォレストに交代しています。録音時期は
07年の12月から08年の1月にかけて "千ボルトの家"で録
音したとの記載、名前がいいですね。#14のみゲストのハー
モニカなんですが、ビリー・ブランチを思わせるほんわか調の
プカプカ・ハープなのが特徴です。中にLMFへの謝意がした
ためてあるのですが、これを書いている今この瞬間、その
LMFでは取り扱いがないのが不思議。個人的にはジャマ
イカっぽい感じの#15.Oh,Oh,Oh がマイ・ベスト・ヒットです。

2008 New Orleans Independent
★★★★

Washboard Chaz Leary - washboard, vocals
Roberto Luti - guitar,Background Vocals
Andy J. Forest - harmonica (vocals #13)

Supecial Guests
Rick Weston - Harmonica  #14

電気不要の道ばたトリオ、ハーモニカとウォッシュボードに音楽の原点を見る気分
Washboard Chaz Blues Trio Hard Year Blues CD \4,800(税抜)
今回も路線は全く一緒。彼らの歌には今この時代が
IT革命の世であるとか、国ぐるみで市場経済原理主
義に傾き始めているゾとか、そういった諸々の憂鬱を
ほんのひとときでも忘れることが出来てほっとします。
余りに脳天気すぎて物足りない人もあるかも知れま
せんが、洗濯板をこすってハーモニカを吹いている
だけ、ギターの音さえもリズム楽器の一部に聞こえ
る、そんなユニークな音楽がここにはあります。

USA Music Maker 品番無し
★★★★

Washboard Chaz Leary - washboard, vocals
Roberto Luti - guitar
Ben Maygarden - harmonica, vocals #12

Supecial Guests
Matt Rhody - violin #11.
Kenny Holladay - guitar #5

打つ 〜 のではなく、擦ることで生まれるリズムの快感を貴方も是非
Washboard Chaz Blues Trio Dog Days CD-R (Out of Stock)
アコギとハーモニカと、あとはウォッシュボードだけという
シンプルな編成で聞かせるなかなかに心憎い人たち。
実際のところこういったシンプルな音を好んで探してい
る方は少なくはなくまさに待ってましたという気持ちも
大です。叩く 〜 というのでなく擦る 〜という行為から
生まれるリズムが実はとっても気持ちよいものなんだと
いうことを教えてくれます。2曲でアンディ・J・フォレスト
がハーモニカでゲスト参加、共に最高の音!してます。

2004 USA Corugated Records 002
★★★★

Washboard Chaz Leary - washboard, vocals
Roberto Luti - guitar
Ben Maygarden - harmonica, vocals #8
Special Guests:
Andy J. Forest - harmonica #6, 13
Marc Stone - guitar #11
St. Louis Slim - guitar #3