ワイルド・T(Wild T and The Spirit)
何となくカリビアンでトロピカルな響きも匂わせつつ、チャカポコしたワウが効いたギター、それをバックアップする抜群に切れの良いドラムとベース、さらにさらにそんなにリッチじゃないけど決してチープではない絶妙のオルガン・・・等々、ひとつひとつあげるとキリがない、個性的で充分に練った音が絡み合っていきます。Wild Tは多分カナダの人と思うのですが確信はなく、その音は文字通り無国籍で多国籍。強引にこれを例えると一言では黒いライ・クーダー。音的にはジミヘンとデヴィッド・リンドレイを掛け合わせた結果の突然変異というところでしょうか。実にユニーク、実にカラフル、実に多芸多才、この人絶対ただ者ではありません。

一種のブラック・ライクーダー×ジミヘン的アプローチがゴキゲンです
Wild T And The Spirit / True BlissCD\3,370tax in
Herman'sというレーベルは同じロック系のレーベルでもありきたりの
ロックではない音が多く普段から要注意なんですが、この人もまた
一口では説明しにくい独自路線をいく黒人ギタリスト。黒人だから、
ソウルだブルースだ、あるいはジャズかも知れないと思うのは早計で、
ここにあるのはまさに一人多国籍軍的、多芸多才でかつ原色のロック
の世界。ほのかに漂うカリビアンなテイストと、ブラック・ライクーダー的
アプローチはまさに音のパノラマ・ワールドと言っていいでしょう。骨太
でがっしりしたバンドとWild Tのギターは共に地味派手の極意。アレ
ンジも凝りまくり、ジャンルを超えて良い音が判る人にお薦めします。

2005 German Herman HE-035


トップページ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。