Louisiana & New Orleans
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z V.A.


Ytre Suloens Jass-Ensemble with Lionel Batiste & Tricia Boutte
共にニューオリンズで活躍する二人、元Dirty Dozen Brass Band の Lionel "Uncle Lionel" Batisteと、Boutte Family のTricia Boutteが、北欧はノルウェーのオールドタイム・ジャズ・コンボと吹き込んだ何とも魅力的な作品です。トリシア・ブッテは、最近Up Town Okraで活躍しているJohn Boutteの姉か妹に当たる人。ライオネルはDDBBでバスドラムを担当していた大ベテラン。特にトリシアの歌は抜群にチャーミングで、本場のテイストそのままのコンボの演奏に乗って古きよき時代のジャズを歌う様は痛快でさえあります。そのトリシアのソロ作はこちら

トリシア・ブッテ、ジャズ・コンボと共演〜素晴らしい、北欧からの贈り物!
Ytre Suloens Jass-Ensemble / Way Down Yonder in New Orleans
(Out of Stock)
ノルウェーのオールド・スタイルのジャズコンボにトリシアとライオネルが共演、何と
言ってもトリシア・ブッテの歌が存分に聴けるという点でこのアルバムは画期的です。
ジョン・ブッテの歌の上手さが群を抜いているのでトリシアの名前を見つけた時は正
直ドキドキしました。私はこれで初めて彼女を聴くのですけど、スタイル的には典型
的な戦前ジャズ、さすがエリス・マリサリスの門下生らしいですけど、演奏も抜群の
このコンボをバックに歌う彼女はまさにジャズ〜ブルースの女王といった風情です。
声の質(最高!)歌唱力、表現力ともに鳥肌が浮くくらいシビレます。もっと聴きたい、
トリシア!そんな気にさせられたアルバムで作品丸ごと会心の一作。

2002 Norway Herman HJCD-1027

お申し込み方法